Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

HUAWEI P30はデュアルSIM&良カメラで旅行者向き。気になるのはお値段:旅人目線のデジタルレポ 中山智

P30があれば旅先でコンデジが不要になりそうです

中山智 (Satoru Nakayama), @yenma
2019年5月21日, 午後02:00 in huawei
58シェア
0
58
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
旅人ITライター中山です。ファーウェイからPシリーズの最新モデルが日本でも発表となりました。今回も上位モデルとなる「HUAWEI P30 Pro」(以下、P30 Pro)はキャリアモデル(ドコモ)のみで、「HUAWEI P30」(以下、P30)がSIMフリーモデルとして販売されます。ですが旅人用として考えたとき、個人的にはP30に軍配が上がるかなと思います。

P30
▲SIMフリーモデルとして登場したファーウェイのP30

基本スペックはP30 Proと同等

まずはP30の基本スペックから。ディスプレイは6.1インチで解像度1080×2340ドットの有機ELパネルを採用。P30 Proと同じ解像度ですが、P30 Proの画面サイズは6.47インチ(ドコモ値約6.5インチ)なので、P30のほうがピクセル密度は高いです。

P30
▲グラデーションが美しいブリージングクリスタル

画面上部のノッチもティアドロップ型で一緒。ただしベゼルはP30のほうが若干幅広です。これはディスプレイ上部にスピーカーが配置されているため。といっても気になるほどの幅ではなく、上下同じくらいなので見た目のバランスは良いです。

P30
▲水滴型ノッチの上にスピーカーが配置されています

プロセッサは最新ハイエンド、オクタコアのKirin 980。メモリ(RAM)は6GBで、いずれもP30 Proと同じです。以下に各種ベンチマークアプリでの計測結果を掲載しますが、かなりの好成績。数年は十分使えるポテンシャルを秘めています。

P30
▲AnTuTu Benchmark

P30
▲Geekbench 4

P30
▲3DMark

トリプルレンズ仕様で最大30倍ズームに対応の背面カメラ

背面カメラはトリプルレンズ仕様で、超広角(1600万画素/35mm判換算で17mm相当)と広角(4000万画素/35mm判換算で27mm相当)、3倍望遠(800万画素/35mm判換算で80mm相当)の組み合わせ。光学手ぶれ補正が備わっており、最大30倍のデジタルズームに対応しています。

P30
▲超広角と広角、3倍望遠の組み合わせ

P30 Proは深度測定用のToFカメラが加わったクアッドカメラ仕様で、5倍の光学望遠、デジタルズームであれば最大50倍。スペック的には上ですが、P30の30倍望遠、P30 Proの50倍望遠はともに「一応撮れるレベル」の画質なので、普段使いならP30の望遠性能でも十分と言えます。また、広角側についてもP30ではやや画角が狭くなりますが(P30 Proは35mm判換算で16mm相当)さほど気になりません。

P30
▲ズームは超広角から30倍までシームレスに調整できる

超広角と望遠を備えていると、旅先での撮影はこれ1台でほぼまかなえるんですよね。広々とした風景では広角、狭い室内での集合写真などでは超広角、観光地の建物や動物を狙ったりするときは望遠といった具合。別途カメラを持ち歩く必要がなくなるので、荷物が軽くなります。

P30
▲超広角で撮影

P30
▲広角で撮影

P30
▲3倍ズームで撮影

P30
▲5倍デジタルズームで撮影

それとイヤホンジャックがあるのも地味ながら良ポイントです。Bluetoothイヤホンのほうがケーブルを取り回す煩わしさはありませんが、充電の必要が生じます。有線での接続ならその必要がないですし、USB Type-Cポートを塞ぐこともないため、充電しながら音楽が聴けるわけです。旅行中は極力荷物を少なくしたいので、余計な充電機やケーブルを持ち運ばなくて良いのは◎。

P30
▲本体底面にはイヤホンジャックを装備

デュアルSIM対応が旅人仕様

そして旅人としていちばん嬉しいのが、デュアルSIM対応で2枚のnanoSIMが利用できること。もちろん同時待ち受けにも対応しています。ちなみにP30 ProはシングルSIM仕様で、2スロットあるSIMトレイの片側は外部ストレージのNMカード用です。

P30 ProでもSIMロックを解除すれば、海外で現地の通信キャリアのSIMを使うことができますが、そうなると普段使っているSIMを取り外す必要が出てきます。最近ではSMS認証を使うサービスも多く、ライドシェアなどグローバルサービスで日本の番号を登録していると、その番号に通知が来ることも。できれば海外渡航中でも普段使っているSIMは外したくないんですよね。なので、旅人向けにはデュアルSIM仕様のP30がオススメというわけです。

P30
▲デュアルSIM対応は、SIMフリー版ならではの仕様

ただしネックになるのは価格です。P30の市場想定価格は7万7800円(税別)、税込だと約8万4000円になる計算。一方、ドコモから発売されるP30 Proは税込で8万9242円。両者の差は約5000円しかありません。しかもドコモの「スマホおかえしプログラム」を利用するとしたら5万9616円で入手でき、P30 Proのほうが約2万4000円も安くなります。2万4000円もあればLCCで海外へ行けちゃうんですよね......。

というわけで価格面では非常に悩ましいところですが、旅人にオススメしたいP30。ぜひこれを持ってアメリカ旅行とかしてみたいですね!





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: huawei, HUAWEI P30, huaweip30, mobile, p30, smartphone
58シェア
0
58
0
0

Sponsored Contents