Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

7型画面の超小型ノートPC OneMix2S日本版は5月31日発売。7月には上位機OneMix3も

ヨドバシとビックの一部店頭で触れられます

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年5月23日, 午前11:08 in personal computing
60シェア
0
60
0
0



特設サイト
bunner

   

 

連載

注目記事

中国ONE-NETBOOK Technologyの超小型Windows PC『OneMix2S』の日本向けモデルが、いよいよ発売となります。販売代理店は株式会社テックワン。発売日は5月31日で、5月23日より予約を開始します。価格はオープンですが、店頭予想価格は9万5000円前後の見込み。

テックワンは予約開始に合わせて、ヨドバシカメラやビックカメラの一部店舗店頭において実機展示も開始。店頭で実際に触れてからの購入が可能になります。
さらにカラーバリエーションモデルとして、ピンク色の「さくらピンクエディション」を6月上旬に追加発売します。こちらの想定価格は通常版と同じ9万5000円前後。

OneMix2Sは海外にて既発売のモデルですが、今回の日本向けモデルは、技適マークやPSEマーク付きのACアダプターといった、日本における認証を取得。さらに1年間の国内製品保証も受けられます。

OneMix2S Japan ed
▲キーボードは海外モデルと同じく、USベース配列のまま。小型PCでは日本語配列化でかえって使いにくくなる例もあるだけに、妥当な判断とも呼べそうです


OneMix2Sは、いわゆる「Core m系CPUを搭載した、360度回転ヒンジ(Yogaタイプ)搭載のタブレット兼用PC」に属するモデル。本体サイズ182×110×17mm(幅×奥行き×厚さ)、重量は515gの、小ささと軽さが魅力です。

基本仕様としては、ディスプレイが1920×1200解像度の7インチ液晶、CPUにはインテルのCore m3-8100Yを搭載し、RAM 8GB、ストレージは256GBのPCI Express接続SSD、OSはWindows 10 Homeといったところ。

【お詫びと訂正:5月23日15時】当初OneMix2Sをファンレス動作と記載しておりましたが、同機種はファンを搭載しておりました。読者および関係者の皆様には、訂正の上お詫びいたします。申し訳ございませんでした。


OneMix2S Japan ed
▲360度回転ヒンジにより、タブレット状態での使用も。左が上位機OneMix3で、右が2Sです



実質上のライバルとなるGPD Pocket 2(中国GPD Technology製)に比べると、タブレット兼用モデルとなる点、そしてストレージ速度が高速な点(Pocket2ではeMMC接続のため、本機は転送速度の時点で有利)といった点から、ヘビーユーザーを中心に人気を集めるモデルです。

OneMix2S Japan ed
▲「さくらピンクエディション」実物はかなりメタリックな印象。このあたりを店頭で確認できるのは嬉しいところ


拡張端子は、USB Type-C×1(5Gbps、USB PD電源入力兼用)、USB 3.0×1、マイクロHDMI、マイクロSDカードリーダ、ヘッドホン兼用マイク端子など。バッテリーは6500mAh内蔵タイプで、公称駆動時間は8~10時間です。

OneMix2S Japan ed
▲OneMix3(左)と2S(右)。3は画面や底面積が大きくなった上位機種です


さて、発表に先んじて行なわれた記者説明会では、ONE-NETBOOK Technologyの副社長、Jason Zeng氏より、速くも日本での第2弾、第3弾製品の予定が公開されました。

まずは、512GBのSSDを搭載したOneMix2Sの限定モデル『Koi Edition』と、CPUをCore i7-8500Yに強化した『Platinum Edition』を直販限定で発売。

さらに7月下旬には、8.4インチ、2560×1600解像度液晶を搭載する上位モデル『OneMix3』を日本でも発売予定と公開。OneMix3は海外で発表済ではありますが、日本での7月の投入は予想以上のハイスピードです。こちらの本体サイズは204×129×14.9mm(幅×奥行き×厚さ)。

OneMix2S Japan ed
▲OneMix3のキーボードレイアウト。2Sと同じく、日本モデルのレイアウトは海外版と同様です。記号キーなどには2Sに比べてもかなりの余裕が


なおOneMix3は、モデル名から受ける印象とは異なり、OneMix2Sの上位モデル。両機は併売されます。このあたりは、画面や本体サイズの差に厳しい(=大きければ良いというわけではない)という、小型PCならではの事情にもよるものです。

3の特徴は、本体の大きさに由来する、サイズ的な余裕のあるキーボードやSurface Penと(データ仕様の)互換性を持った筆圧4096段階対応のペン入力機能、そしてCore i7(ただしCore m系である点は2Sと同様)や16GB RAM搭載など、より基本仕様を高めたモデルを用意する点など。


OneMix2S Japan ed
▲底面積が大きくなった分、薄さは3のほうが優位に。なお両機種とも、キートップの厚さやストロークは薄型ノートPCより厚く(広く)取られています

このようにOneMixシリーズの日本版は、技適なPSEといった海外モデルの弱点となりそうな点の強化や、購入時に悩ましい店頭での展示などにもフォローがなされた、かなり力の入ったサポートが加えられての参入となりました。

店頭展示用の什器(じゅうき:ディスプレイ用器具)も、タイトル写真にあるような力の入った作りとなっており、このあたりからもONE-NETBOOKとネットワンの気概が伺えます。

OneMix2S自体は既に「ヘビーユーザーの間でもはや定番となりつつある」ほどの実力のモデルだけに、販売ルートの大幅な拡大は個人的にもファンである筆者としても嬉しいもの。小型PC市場を盛り上げるという観点からも歓迎したいところです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

60シェア
0
60
0
0

Sponsored Contents