Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

英Arm、ファーウェイとの取引停止へ。今後のチップ設計が困難に

米政府の詰め将棋か

Kiyoshi Tane
2019年5月23日, 午前10:15 in huawei
279シェア
78
201,"likes":146
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

Soe Zeya Tun / Reuters

ソフトバンク傘下の英半導体企業Armが、米商務省による貿易制限命令に対応して、ファーウェイとの取引を停止したと報じられています。

英国営メディアBBCが入手した社内文書によると、Armはファーウェイとその子会社との「すべての有効な契約やサポートおよび保留中の契約」を停止するよう従業員に通達しているとのことです。

Armは英国企業であり、米商務省の措置は国内の企業を対象とするもの。が、上記文書にはArmの半導体設計には「米国原産技術」が含まれていると記載。実際、Armは米テキサス州オースティンおよびカリフォルニア州サンノゼに開発拠点があるため、取引制限に従う方針が取られるようです。

ファーウェイは自社スマートフォンに搭載しているKirinプロセッサ(グループ企業のHiSiliconが設計)向けのアーキテクチャをArmに依存し、そのライセンスを取得しています。それに加えてArmベースのチップは中国の5G基地局およびサーバーにも使用されており、この動きが長期化すれば同社の事業にとって「乗り越えられない」打撃になるとの指摘も。すでに発売中の製品には影響はないものの、新規設計のプロセッサ開発は困難になると予想されます。

BBCの取材に対して、Armの広報担当者は「当社の長年のパートナーであるHiSiliconとの関係を重んじており、この問題に関する迅速な解決を期待しています」と回答。つまりファーウェイとの取引停止を事実として認めています。

ファーウェイ側も「私たちはパートナーとの緊密な関係を大切にしていますが、政治的に動機付けられた決定のため、それら企業の一部が受けている圧力を認識しています」との声明を発表。「この残念な状況は解決できると確信しており、世界クラスの技術と製品を世界中のお客様に提供し続けることが引き続き優先していきます」と述べています。

Armが米商務省の命令に慎重に対応しているだけか、それとも直接にファーウェイとの取引停止を勧告されたのかは、現時点では明らかではありません。後者だった場合、ファーウェイと取引を停止する企業の範囲がさらに拡大する可能性があります。

ファーウェイは3ヶ月から1年分の米国製部品を備蓄していると観測されていますが、インテルやクアルコムといった米大手半導体メーカーも主要部品の供給をストップしており、将来的には枯渇は確実と思われます。一方で、米国企業も巨大な顧客を失うということにもなります。今後の米トランプ政権の動きに注目が集まりそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: BBC
関連キーワード: arm, china, chipset, huawei, Kirin, processor, trump
279シェア
78
201,"likes":146
0

Sponsored Contents