Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

有線でペアリングする無線イヤホン「HUAWEI FreeLace」6月下旬発売

有線の「確実性」と無線の「手軽さ」を両立

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年5月22日, 午後02:00 in huawei
11シェア
0
11
0
0

連載

注目記事



ファーウェイ・ジャパンは、ネックバンド型のワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeLace」を6月下旬に発売します。

市場想定価格は8880円(税抜)で、カラーはアンバーサンライズとグラファイトブラックの2色展開です。

HUAWEI FreeLace▲カラーはアンバーサンライズとグラファイトブラックの2色

FreeLace最大の特徴は、スマホやタブレット端末とのペアリングが容易に行えることです。音量調節部分にUSB Type-Cコネクタを内蔵しており、充電や接続する際はイヤホン本体を音量調節部分から取り外します。

HUAWEI FreeLace▲USB Type-C端子 音量調節部分が分離する

イヤホンのUSB Type-Cコネクタを端末に挿すことで、自動的にBluetoothのペアリングをします。ただし自動ペアリングに対応するのは、ファーウェイ独自UI「EMUI9.1」以降を採用した一部の端末のみ。

HUAWEI FreeLace
▲FreeLaceをスマホの充電端子に刺すと、スマホの画面には接続をするように表示される

HUAWEI FreeLace▲USB Type-C端子を備えており充電とペアリングが簡単に行える

また、Type-C OTGに対応したスマホに繋ぐと急速充電もできます。充電にかかる時間や連続使用時間の目安としては、5分の充電で4時間の音楽再生ができるほか、1回の充電で18時間までの連続再生も可能です。

左右のイヤホンにはマグネットが内蔵されており、イヤホン同士をくっつけると自動的にスリープモードに切り替わります。ファンクションキーを2秒間押すと、スマホの音声アシスタントを起動することもできます。

FreeLaceは音楽再生も重視したイヤホンなので音質にもこだわっているとのこと。9.2mmダイナミック型ドライバーユニットに、複合チタンメッキダイアフラムを採用しており、「力強い低音と、抜けのあるクリアな高音を実現した」と言います。また、風の強い場所でも風ノイズを低減できるといいます。

耐久性については、IP55等級の防塵耐水性能を備えており、汗や雨にぬれても使えるとのこと。

HUAWEI FreeLace
▲FreeLaceと同時に発表されたP30

ワイヤレスイヤホンFreeLaceは、21日にスマホの新機種「P30」と同時に発表されたこともあり、発表会場では注目を集めていました。会場の製品担当者は、P30とFreeLaceを同時に発表した狙いについて、「スマホもイヤホンもファーウェイを使ってほしい」とアピールしていました。

HUAWEI FreeLace
▲FreeLaceの仕様




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

11シェア
0
11
0
0

Sponsored Contents