Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

5月24日のできごとは「ThinkPad T30 発売」「NUC8i7HVK 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年5月24日, 午前05:30 in today
13シェア
0
13
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

5月24日のおもなできごと

2002年、IBMがウルトラナビ搭載の「ThinkPad T30」を発売
2010年、日本通信が「b-mobile WiFi」を発売
2017年、VAIOとメルセデスベンツのコラボPC「Mercedes-Benz x VAIO Z」が発売
2018年、インテルがKaby Lake-G搭載NUC「NUC8i7HVK」を発売

2002年:トラックポイントとタッチパッドを組み合わせたウルトラナビを搭載「ThinkPad T30」

today
ノートPCのポインティングデバイスとしてスティック型のトラックポイントを搭載していたThinkPadですが、ついにタッチパッドを搭載するようになったのが「ThinkPad T30」。このモデルが発売されたのが、2002年の今日です。

ただし、タッチパッド搭載といってもトラックポイントから乗り換えたわけではなく、共存させた「ウルトラナビ」へと進化させることにより、相乗効果的に使い勝手を改良したのがポイントです。ポインターの操作は従来通りトラックポイントで行い、スクロールなどの特殊機能をタッチパッドに割り当てたり、この逆に、タッチパッドでポインターを操作し、トラックポイントでスクロールなんていうこともできました。

このウルトラナビ、IBMがレノボに買収された後も採用が続いており、現行モデルのThinkPadシリーズでも搭載されています。トラックポイント好きな人にとってありがたいですね。

ちなみにThinkPad T30のスペックは、最上位モデルでCPUがモバイルPentium 4 1.80GHz-M、メモリー256MB、40GB HDD、DVDコンボドライブ、14.1インチ液晶(1400×1050ドット)といったもので、お値段は49万9000円。いろいろと時代を感じます。

2018年:AMDのGPUを統合したインテルCPU、Kaby Lake-Gを搭載「NUC8i7HVK」

today
インテルの第8世代CoreとなるKaby Lakeの4コア8スレッドCPUと、AMDのRadeon RX Vegaをワンパッケージ化したCPUが、「Kaby Lake-G」(Core i7-8809G)。ライバルと目される両社がタッグを組んだということで話題になったCPUです。これを搭載した小型PCベアボーンが、開発コードHades Canyonこと「NUC8i7HVK」です。

NUCシリーズといえば超小型PCというイメージがありますが、このモデルは横方向に若干大きめ。性能はタワー型のデスクトップPCと比べてしまえばさすがに見劣りしますが、それでもライトな3Dゲームは余裕で楽しめる、エントリークラスのゲーミングPC性能があるというのが魅力です。インテルさんによれば、持ち運べるVR用のPCとしてもいいのだとか。フロントにHDMIを搭載しているのも、VR用途を想定してのことなのでしょう。

ちなみに「NUC8i7HVK」は12万円くらいですが、ベアボーンとなるため、PCとして使うにはメモリーやストレージ、OSが必要となります。合計金額となると......結構な額になりますね。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

13シェア
0
13
0
0

Sponsored Contents