Sponsored Contents

EarPhonesの最新記事

Image credit:
Save

6000円台のネックバンド式ノイキャンイヤホン「ANC 30」を試したら思いのほか良かった:旅人目線のデジタルレポ 中山智

期待以上のノイズキャンリング効果がありコスパは抜群です

中山智 (Satoru Nakayama), @yenma
2019年5月24日, 午後12:50 in EarPhones
22シェア
0
22
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

旅人ITライター中山です。移動中、特に飛行機の機内で快適に過ごすためのアイテムとしてオススメなのが「ノイズキャンセリング機能」のついたイヤホンやヘッドホン。ただ、通常のイヤホンよりもやや高価なため、なかなか手を出しにくい製品でもあります。

そんなノイズキャンセリングイヤホンに、直販価格6426円というお手軽プライスな「dyplay ANC 30 Bluetooth Headphone」が+Styleなどで販売されています。

dyplay ANC 30 Bluetooth Headphoneは、ネックバンドタイプのノイズキャンセリングイヤホン。プレーヤーとの接続はBluetoothのみで、有線での接続はできません。バッテリー容量は190mAhで、駆動時間は最長12時間となっています。

ネックバンドの左側の先端には各種操作ボタンを配置。上に並んだ3つのうちの左右ボタンには音量調整が割り当てられており、音楽再生中などは2秒ほどの長押しで前後の曲送りも可能です。中央のボタンは音楽の停止や再生のほか、スマートフォンとの連携時は着信開始や通話拒否といった機能が利用できます。

dyplay ANC 30 Bluetooth Headphone
▲ネックバンド左側先端のコントロールボタン

その下の2つは電源ボタンとノイズキャンセリング機能のオンオフスイッチ。電源ボタンは長押しでオン・オフが可能です。ノイズキャンセリング機能はスライド式で、オンにすると緑色のLEDランプが点灯します。

充電用のUSB端子もネックバンド左側にあります。端子の形状はmicroUSB。スマートフォンなどではUSB Type-Cが主流になってきているので、充電時には別途ケーブルやアダプターが必要になります。ただこういった充電の必要なイヤホンなどは、いまだにmicroUSBを採用した製品が多いので致し方ないところ。

dyplay ANC 30 Bluetooth Headphone
▲充電用の端子はmicroUSB

イヤホンの形状はカナル型。耳にしっかりと挿し込んで使用するタイプなので、イヤーピースはS、M、Lの3サイズが同梱されています。装着した感じは悪くなく、歩きながらの使用でも落ちてくるようなことはありませんでした。音質は若干低音が弱いかなという気もしますが、解像感はあってボーカルの声などはしっかりと聞こえます。変なクセがなく聞きやすいチューニングでした。

dyplay ANC 30 Bluetooth Headphone
▲取り付けているのはMサイズのイヤーピース

気になるノイズキャンセリング機能ですが、6000円台の製品としては優秀。ファンの風切り音など、低周波騒音はかなり打ち消されており、ノイズキャンセリング機能をオンにすると途端に静寂になります。筆者は普段BOSEのノイズキャンセリングイヤホンの「QuietControl 30 wireless headphones」を使用していますが、低周波騒音に関しては性能的に遜色ありません。

QuietControl 30のほうが人の声や電車の通過音など突発的な騒音のキャンセル性能は上ですが、オフィスで作業をしたり自室で勉強したりするぶんには十分といったところ。QuietControl 30は実売価格で3万円前後なので、価格差を考えるとANC 30はかなり健闘していると言えます。

dyplay ANC 30 Bluetooth Headphone
▲未使用時に左右のイヤホンをまとめて邪魔にならないようにする工夫も

ちなみにこの季節は汗での水濡れも気になるところですが、dyplay ANC 30 Bluetooth HeadphoneにはIPX4の防水性能が備わっているので安心。ランニングマシンなどでのトレーニング中に使うのも良さそう。外音を注意して聞きたいときもスイッチで簡単にノイズキャンセリング機能がオフにできるので安全です。

dyplay ANC 30 Bluetooth Headphone
▲重量は約40gで首に装着しても重さはあまり感じない

本体の重量は約40g。ネックバンドを装着しても重さは感じず、違和感なく使えます。椅子に座って首まである背もたれに寄りかかっていても邪魔にならないので、飛行機などの移動中に使うにもピッタリ。6000円台でも十分なノイズキャンセリング機能を備えているため、コストパフォーマンスは抜群。初めてノイズキャンセリングイヤホンを購入しようと考えているユーザーにオススメです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: av, EarPhones, headphones, NoiseCancelling, sound
22シェア
0
22
0
0

Sponsored Contents