Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

T2チップ搭載MacBook ProにOS更新。内容は「ファームウェア問題解決」

最近T2のトラブル報告も見なくなりました

Kiyoshi Tane
2019年5月23日, 午後03:00 in Apple
26シェア
9
17
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
アップルは5月22日、macOS 10.14.5の追加アップデートをリリースしました。先週配信されたmacOS 10.14.5を補うもので、T2セキュリティチップを搭載した15インチMacBook Pro向けとなっています。

アップルの公式リリースノートによれば、本アップデートは「T2セキュリティチップを搭載した15インチMacBook Proに影響するファームウェアの問題を解決」するもの。該当するモデルの全ユーザーに推奨されています。

現時点ではアップルはセキュリティ情報ページを更新しておらず、T2セキュリティチップ関連の不具合についての詳細は不明です。
この追加アップデートは、アップルのサポートページまたはMacのシステム環境設定からダウンロードできます。

すでに配信されているmacOS 10.14.5は和暦の元号"令和"に正式対応し、AirPlay 2の機能も追加されてスマートテレビなど対応機器にコンテンツを送信可能になった点が特徴。そのほかに、不具合の修正やパフォーマンスの向上が主な内容となっていました。

iMac Pro以降のMacに順次搭載されているT2セキュリティチップはシステム管理コントローラや画像信号プロセッサ、SSDコントローラなど様々な機能を統合したもの。その多機能さゆえか、カーネルパニックの原因になっていると疑われたこともありましたが、最近ではトラブル報告も見られなくなっています。ユーザーから指摘される前に、アップルが水面下で対応を進めているのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: Apple
関連キーワード: apple, mac, MacOs, macosmojave, mojave, security, T2
26シェア
9
17
0

Sponsored Contents