Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

Vivo Z5xはブランド初のパンチホールスマホ

バッテリーもモリモリです

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年5月27日, 午後02:10 in Android
26シェア
6
20
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


中国Vivoはミッドレンジ市場向けの新型スマートフォン「Z5x」を中国にて発表しました。

Z5xは6.53インチ/1080x2340ドットの液晶ディスプレイを採用し、そのパンチホール部分に1600万画素/f2.0のフロントカメラを搭載しています。Vivoはこれまでポップアップカメラスマホ2画面スマホなど風変わりな端末を投入してきましたが、意外にもパンチホールデザインのスマートフォンは初めてです。

端末の背面には、メイン1600万画素/f1.78+超広角800万画素/f2.2+200万画素/f2.4の深度センサーを搭載。また、指紋認証センサーも配置されています。

端末のスペックとしてはプロセッサはSnapdragon 710で、RAMは4GB/6GB/8GBかつ内蔵ストレージは64GB/128GBの4パターンの組み合わせが用意されています。内蔵バッテリーは5000mAhと大容量で、18Wの高速充電にも対応しています。

Z5xではエクストリーム・ナイトブラック、ファントム・ブラック、オーロラの3カラーバリエーションが登場。1398元(約2万2000円)〜1998元(約3万2000円)にて、6月1日から中国にて発売されます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: GSMArena
関連キーワード: android, Punch Hole, smartphone, vivo
26シェア
6
20
0

Sponsored Contents