Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

macOS 10.15用のMusicとTVアプリの画面がリーク。カラフルなアイコンが復活

iPhoneやiPodの同期機能も残されてます

Kiyoshi Tane
2019年5月30日, 午後12:20 in Apple
29シェア
0
29
0
0

連載

注目記事


アップルが6月3日開催の開発者イベントWWDC 19にてお披露目すると見られる、主要デバイス向けOSの次期メジャーバージョン。そのうちiOS 13の画面イメージに続いて、macOS 10.15のMusicおよびTVアプリのスクリーンショットがリークされています。

今回のリーク画像も、iOS 13と同じく米アップル関連情報サイト9to5Macが公表。同サイトは開発に携わっている人々から独占的にシェアされた情報として伝えています。

新たなMusicアプリは、以前も報じられた通りmacOS用のiTunesをベースとしたもの。アップルの独自動画サービスApple TV+向けのTVアプリも似たようなデザインで、どちらも灰色のサイドバーにコンテンツのジャンル分けが表示され、右側には実際のコンテンツ用の広い領域が確保されています。

macos
Image:9to5Mac


スクリーンショットから分かるのは、以前のmacOSでは一般的だったサイドバー上のカラフルなアイコンが復活したということ(現行のMojaveでは白黒です)。両アプリとも、アプリに合った色合いが使われた影つきアイコンが並び、上から下に向かって連続的なグラデーションが付けられています。

macOS 10.15用のMusicは、従来のiTunesからiPhoneやiPodなどユーザーのデバイスを同期する機能は引き続き保持され、各機器は同じくサイドバーに表示されます。検索バーはサイドバー内に移動し、Apple Musicカテゴリとユーザーのローカルライブラリを統合した分が検索対象となります。

かたや新TVアプリは、ユーザーの持つ動画ライブラリをApple TV+などのオンラインコンテンツと分離するアプローチが取られています。すなわち上部のツールバーに「Watch Now(すぐ観る)」「Movies(映画)」「TV Shows(TV番組)」「Kids(子供向け)」とは別枠で「Library(ライブラリ)」項目が設けられているかたちです。これら各ジャンルには、それぞれのカテゴリに沿った独自のサイドバーが用意されています。

macos
Image:9to5Mac


ユニコーンの頭が爆発してイマジネーションやリンゴがあふれ出るWWDC 19の招待状には、様々な期待がかき立てられます。各デバイス向けOSの新バージョンのみならず、デザインが刷新された16インチMacBook Proなどの新ハード発表も待ち望みたいところです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 9to5Mac
関連キーワード: apple, AppleRumor, appletvplus, itunes, MacOs, macos10.15, music
29シェア
0
29
0
0

Sponsored Contents