Sponsored Contents

InputDeviceの最新記事

Image credit:
Save

米マイクロソフト、名機を復刻したゲーミングマウス「Pro IntelliMouse」を発売

Trackball Explorer復刻もぜひ

Kiyoshi Tane
2019年5月29日, 午後06:10 in Inputdevice
88シェア
9
79
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

Microsoft

米マイクロソフトは、往年の名機のデザインを踏襲したゲーミングマウス「Pro IntelliMouse」を発表しました。5月末に米国で発売予定、価格は59.99ドルとされています。

本製品の元になったのは、2017年に発売されたClassic IntelliMouse。これは2002年に発売された光学式マウスIntelliMouse Explorer 3.0のエルゴノミックな形状はそのままに、内部構造やトラッキングの精度、ボタンの操作感などを一新したものでした。

Pro IntelliMouseは2017年モデルのデザインを踏襲しつつ、正確かつ激しい操作を追及するゲーマー向けに各種仕様をアップグレード。トラッキングセンサーにはPixArt製のPAW3389PROを搭載し、解像度は前モデルの3200dpiに対して1万6000dpiにまで向上しています。

ゲーミング機器に相応しく、後部には色がカスタマイズ可能なテールランプつき。5つのボタンのうち3つはカスタマイズ可能となっています。マイクロソフト純正だけに、Microsoft Mouse and Keyboard Center(日本名はマウス キーボード センター)によりボタン設定やマクロおよび解像度を素早く調整できるとのことです。

外観の特徴としては同社のXbox機器とフィットしやすそうな質感ある表面仕上げや、編組ケーブルといったところ。各社が性能を競い合う最新ゲーミングマウスにおける位置づけはさておき、それ以前のボール式から光学式に切り替わってゴミを巻き込む煩わしさから解放されたIntelliMouse Explorerに特別な思い入れを持つ人にとっては、かなり心惹かれる製品ではあるはず。

もともと本製品は2018年末に中国で発売され、今回は米国の店舗にも販売が拡大されたかたちです。IntelliMouse Explorerのファンが多い日本でもニーズが高そうですが、トラックボール好きの心をつかんだMicrosoft Trackball Explorerの復刻を待ち望む人も少なくないかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: The Verge
Source: Microsoft
関連キーワード: InputDevice, intellimouse, microsoft, mouse, trackball
88シェア
9
79
0

Sponsored Contents