Sponsored Contents

boseの最新記事

Image credit:
Save

「ボーズのノイキャン」がさらなる進化。BoseがQC35II後継ヘッドホンを米国発表

デザインも一新されています

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年5月30日, 午後01:30 in bose
111シェア
0
111
0
0

連載

注目記事


米Boseは5月29日(現地時間)、大ヒットとなったQuiet Comfort 35II(QC35II)の後継モデルとなる「Noise Cancelling Headphones 700」を発表しました。米国では6月30日に発売。399.95ドルで予約が開始されています。

Noise Cancelling Headphones 700
Noise Cancelling Headphones 700は、QC35IIと同様にアクティブノイズキャンセリングを搭載。完全な遮音状態からノイズキャンセリングがオフの状態まで段階的に調整でき、そのノイズキャンセルも新設計によりQC35IIよりも優れているとしています。

音声アシスタント機能は、GoogleアシスタントとAlexaに対応。いずれもボタンを押しての操作となりますが、Alexaだけはホットワードでの起動もできます。もちろん、iOSデバイスとペアリングすればSiriも利用可能です。このほか、Boseが音のARと呼ぶBose AR(下記記事を参照ください)にも対応します。



操作方法も新しくなっており、右側のイヤーカップ表面は静電容量のタッチパネルに。上下スライドで音量操作、前後のスライドでトラック操作を行えます。またダブルタップで再生・停止や電話応答が可能です。

Noise Cancelling Headphones 700
バッテリー寿命は最大20時間、2.5時間でフル充電が可能。15分の充電で3.5時間利用できる急速充電機能も備えます。

なお、詳細は不明ですが、続く新製品として2つのワイヤレスイヤホン、完全ワイヤレスなBose Earbuds 500と、画期的なワイヤレスイヤホンとアピールするBose Noise Cancelling Earbuds 700の発売も予告されています。Earbuds 500は年内、Earbuds 700は来年の発売になるとのことです。





無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

111シェア
0
111
0
0

Sponsored Contents