Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

新iPod touch(第7世代)実機レビュー、2万円強で手に入る魅力的なiOS端末

Geekbench 4のスコアはiPhone SEとほぼ同じ

井上晃(AKIRA INOUE)
2019年5月30日, 午後04:21 in apple
482シェア
46
436
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

5月28日に突如発表された新iPod touchを早速購入——。30日午前、同機が手元に届いたので早速使用感をお届けします。

Gallery: iPod touch(2019)を使ってみた | 12 Photos

12


今回の新iPod touchは、2015年に7月に発表されたiPod touch(第6世代)のマイナーチェンジモデルに相当します。プロセッサーはA8からA10 Fusionに変わり、ストレージのラインナップは、32GB(2万1800円)、128GB(3万2800円)、256GB(4万3800円)になりました。こうしたアップデート内容は、ARアプリの活用や「Apple Arcade」のプレイ、映画のダウンロード視聴などの利用スタイルを想定したものです。

ITコンシェルジュ
▲iPod touchのパッケージ。保護シートが画面の絵柄になっている

ITコンシェルジュ
▲iPod touchと、同梱品(説明書類を除き、3.5mmヘッドフォンプラグに接続するEarPodsと充電用のUSB-Lightningケーブル)

筆者が購入したのは、ブルーの32GBモデル。手元に比較対象が無かったのですが、ざっとみた感じでは従前のiPod touchから外見が大幅に変わった様子はありません。仕様を見ても、サイズはH123.4 × W58.6 × D6.1mmで全く同じ。

ITコンシェルジュ
▲新しいiPod touch

ディスプレイサイズは4インチで、iPhone XSと並べるとかなりコンパクトです。ただし、画素密度は326ppiなので解像感に荒さは感じません。

ITコンシェルジュ
▲iPhone XSと比較するとこんな感じ

ボタン類は上部側面に電源ボタン、左側面に音量ボタンを備えます。下部側面にはLighningコネクタ、3.5mmイヤホンジャック、スピーカーを配備。

ITコンシェルジュ
▲改めて、薄いなぁと実感

ITコンシェルジュ
▲ちなみにiPod touchではAirPods(別売)も使える

残念ながら前モデル同様、ホームボタンに指紋センサーは非搭載。起動する度にパスコードの入力が必要になる点は、やや手間です。


さて、カメラについては、背面が800万画素、前面が120万画素です。流行りのポートレート撮影などは使えません。

ITコンシェルジュ
▲背面は800万画素

ITコンシェルジュ
▲iPod touchのカメラで撮影。昼間の景色を撮影するくらいなら十分

一方、グループFaceTimeなどには対応。Wi-Fi環境が整っている場所では、コミュニケーション用の機器として利用できます。

ITコンシェルジュ
▲FaceTimeも使える

処理性能はゲームをするなら十分


ベンチマークアプリの「Geekbench 4」を試したところ、CPUのスコアはSingle-Coreで2604、Multi-Coreで4458でした。これはiPhone SEよりちょっとだけ高い値です。最新のiPhone XSやiPad Proシリーズと比べるとやや劣りますが、A10 Fusionと言えば第6世代のiPadが搭載するチップと同じ。実際にARアプリや3Dグラフィックを多用するゲームを起動して少し遊んでみましたが、性能での不満は感じませんでした。

ITコンシェルジュ
▲Geekbench 4のベンチマークスコア

ITコンシェルジュ▲ARを活用する「ARise」やグラフィック描写の複雑な「Asphalt 8」をプレイしてみたが、どちらも快適

iPod touchの連続再生時間は最大40時間。ただし、画面を点灯した状態や、通信を利用してい使っている場合には、バッテリー持ちは短くなります。本記事の検証用に音楽の再生をしたり、諸々のアプリを試していたら3時間程度で50%まで減りました。外出時にアプリをガンガン使う場合には、モバイルバッテリーとの併用を忘れずに。

iPod touchはモバイル通信に対応していないため、メインの通信機器としての利用は現実的ではありません。しかし、2万円強でiOS端末が手に入るのは魅力的。iPhoneのバッテリーを節約するために、本来のDAP的な役割専用でサブ機として運用できるのはもちろん、スクリーンタイム機能での利用制限を設定できるので子供用のゲーム機として用意するのにぴったりでしょう。また、普段Androidスマートフォンを使っている人がiOSデバイスを試してみたいときの入門機としてもアリだと思います。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Apple
関連キーワード: A10 Fusion, apple, ios, iphone, ipod touch, IpodTouch, Mobile
482シェア
46
436
0

Sponsored Contents