Sponsored Contents

alexaの最新記事

Image credit:
Save

「Alexa、今日言ったことぜんぶ削除して」が可能に。アマゾンがプライバシー保護を改善

信用回復につとめているようです

Kiyoshi Tane
2019年6月1日, 午前11:46 in Alexa
76シェア
0
76
0
0

連載

注目記事


米Amazonは5月29日(米現地時間)、音声アシスタントAlexa対応機器にて、音声コマンドにより1日単位で録音をすべて消去できる機能がまもなく追加されると発表しました。これは新たなプライバシー機能の1つ「Alexaプライバシー」の一環とされています。

公式発表によれば、「Alexa、今日言ったことをすべて削除して(Alexa, delete everything I said today)」と話しかけるだけで、その日の録音がすべて消去可能になるとのこと。さらに「Alexa、今言った内容を削除して(Alexa, delete what I just said)」と命令を出すことで、最新の発言に限って1つだけを消すこともできると述べられています。

音声履歴の削除コマンドは、これら2つの機能を実装することからスタート。今後数週間にわたって同社は、ユーザーが追加のオプション(「Alexa、履歴全てを削除して」など)やその他の改善を希望があるかどうかを確認するため、ユーザーからのフィードバックに耳を傾けるとされています。

さらに同社は、それまでの音声履歴を削除することに加えて、「今日言ったことを全て削除して」といった発話そのものも削除すると米Engadgetに対して回答しています。

本機能はデフォルトで有効ではなく、新設されたAlexaのプライバシー設定ページにて「"Enable deletion by voice(声による削除を有効にする)」の項目をオンにする必要があります。

こうした方式になっている理由は、本機能が有効になっている場合は、ユーザー本人ではない第三者が誰でも履歴を削除できるようになるからです。米Amazonの広報担当者は「この設定項目を設けることで、ユーザーは意図しない削除を制御できます」と述べているとのことです。

上述したとおり、この新機能はAlexaにてプライバシーを保護する方針の表れです。今年4月にもAlexaの録音内容がAmazon従業員に聞かれていると明かされ、その後にユーザーの位置情報や住所、電話番号など個人情報にもアクセスできると報じられていました。プライベートな会話が飛びかっている家庭のリビングに留まり続けるためにも、Amazonは自ら改善につとめる姿勢を示しているのかもしれません。





夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Engadget(US)
76シェア
0
76
0
0

Sponsored Contents