Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iTunes、いよいよ終了か。Music、TV、Podcastに3分割のうわさ

むしろ原点回帰

Kiyoshi Tane
2019年6月1日, 午後12:15 in Apple
630シェア
0
630
0
0

連載

注目記事


Associated Press

いよいよ来週初め、6月3日(米現地時間)に迫ったアップルの開発者向け会議WWDC 19。その場にて、iTunesの終了が発表されるとの観測が報じられています。

米Bloombergの記者でアップルのインサイダー情報に詳しいMark Gurman氏は、アップルの主要デバイス向けOSの次期メジャーバージョンにつき数々の予測を発表。そのなかで「iTunesの終わり」という項目を設けています。

Gurman氏によれば、2001年の初リリースから音楽を鑑賞したり、映画やテレビ番組を見たり、Podcastを聴いたり、デバイスを管理する統合アプリだったiTunesは終わりを告げるとのこと。

アップルはiTunesに代わるものとしてMac用に3つの新アプリ−Music、TV、そしてPodcastの立ち上げを準備しており、それはiPhoneやiPadに対するメディアアプリ戦略(メディアの種類ごとに独立した専用アプリとする)にも一致。iTunesがなくなっても、Musicアプリを通じてアップル製品を管理できると述べられています。

iTunesがメディアごとに別アプリに切り分けられるとの説は、今年4月から噂されていた見方です。まずリーク情報に定評ある開発者Steve-Troughton Smith氏が「iTunesはMusicとPodcastアプリに分割される」とツイートした後に、米9to5Macが「開発に精通したソース」に確認。その時点ではMarzipan、つまりiOSアプリの移植版となると見られていました。

続いて、新Musicアプリは従来のmacOS用iTunesがベースになると噂が方向修正され、5月末にはスクリーンショットと合わせて「iPhoneやiPodなどデバイスを同期する機能も引き継ぎ」とのリークが届けられていました
単なる音楽プレイヤーから始まったiTunesは、バージョン2からiPodへの転送をサポート。その後iPhoneへの対応やBookやTV番組の管理機能も追加され、建て増しすぎた旅館のように機能がふくれあがっていました。増築した部分を別アプリに切り離した上で音楽とデバイス管理に絞り込んだ新Musicアプリは、むしろiTunesの原点回帰かもしれません。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Bloomberg
関連キーワード: apple, AppleRumor, appletvplus, iphone, itunes, mac, MacOs, music, podcast, tv
630シェア
0
630
0
0

Sponsored Contents