Sponsored Contents

snsの最新記事

Image credit:
Save

Twitter、多数の中国関連アカウントを一時凍結。「誤検知だった」と謝罪

時期が時期だけに……

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年6月3日, 午前11:10 in sns
422シェア
31
391,"likes":206
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

6月1日(日本時間)、Twitter上で中国語話者など、多数のアカウントが一斉に凍結されました。数時間後に復旧し、Twitter社が陳謝する事態にいたっています。

凍結されたアカウントは少なくとも1000アカウントを超えるとみられ、その多くが中国語話者のアカウントでした。

折りしも中国本土では6月4日に天安門事件から30周年を迎えるため、中国政府は自国内のインターネット検閲を強化している状況です。Twitterは米国資本のサービスであるものの、そうしたタイミングで中国系アカウントの大量凍結が発生したため、中国政府からの要請によって削除されたのではないかという疑念が広がりました。

中国出身で米国に帰化したジャーナリストのSasha Gong氏凍結についての声明を発し、「Twitter大虐殺」とこの事態を非難。米大統領選の指命選挙でトランプ現大統領と競い合ったマルコ・ルビオ上院議員も自身のTwitterアカウントでこの事態を取り上げました。

日本では中国ルポライターの安田峰俊氏やブロックチェーン専門家の楠正憲氏のTwitterアカウントが一時的に凍結されました。

多くのアカウントの凍結から数時間後(日本時間で6月1日23時ごろ)、Twitter社はツイートにて謝罪しました。同社はスパムアカウントを排除する日常的な措置の中で、規約違反の多数のアカウントを凍結したところ、対象外のアカウントも誤って凍結してしまったと説明。「中国当局からの大量の報告は無かった」と弁解しています。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: Bloomberg
関連キーワード: ban, china, sns, twitter
422シェア
31
391,"likes":206
0

Sponsored Contents