Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO:No.009 カメックス入手方法・色違いと対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

初代ポケモン顔役の1匹

17シェア
6
11,"likes":5
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

今回は『ポケットモンスター 青』のパッケージを飾ったポケモン「カメックス」。

pokedex

「大人のポケモン再入門ガイド」一覧ページはこちら

EngadgetEngadget
EngadgetEngadget
No.009 カメックス

全国図鑑番号: No. 009(カントー地方・第一世代)
初出:『ポケットモンスター 赤・緑』(ゲームボーイ 1996年)
分類:こうらポケモン
英語名:Blastoise

図鑑の解説

「甲羅の噴射口のねらいは正確。水の弾丸を50メートル離れた空き缶に命中させることができるぞ。」

ゲーム内データ

進化:ゼニガメ(ゼニガメのアメ25個)カメール(ゼニガメのアメ100個)カメックス
色違い:あり
タイプ:みず
天候ブースト:
弱点:でんき・くさ(×1.6)
耐性:みず・こおり・はがね・ほのお(×0.625)
種族値:HP188・攻撃171・防御207

カメックスの入手方法(2019年5月時点):

・ゼニガメ、カメールからの進化
・ゼニガメが2kmたまごから孵化
・野生でごく稀に出現

カメックス対策ポケモン:

番号 名前(おすすめ技の例)

243 ライコウ(でんきショック / ワイルドボルト)
145 サンダー(でんきショック / 10まんボルト)
462 ジバコイル(スパーク / ワイルドボルト)
466 エレキブル(でんきショック / ワイルドボルト)
470 リーフィア(はっぱカッター / ソーラービーム)

カメックスの弱点はでんき・くさタイプの攻撃のため、攻撃種族値が高いでんきタイプのエースアタッカーである、ライコウ、サンダー、ジバコイル、エレキブルなどが有効です。

でんきタイプのポケモンがいない場合は、リーフィアなどのくさタイプのポケモンも、攻撃では弱点がつけて、かつ、みずタイプの攻撃に耐性があるので有利にバトルを進められます。

ポケモンGO:No.145 サンダー入手方法・色違いと対策
ポケモンGO:No.466 エレキブル入手方法・色違いと対策
ポケモンGO:No.470 リーフィア入手方法・色違いと対策

※サンダーの「でんきショック」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です

カメックスのバトル評価:可

弱点がくさ・でんきタイプと少なく、耐久力も高いポケモン。みずタイプの技以外にも、あく・はがね・こおりタイプの技を覚えられるため、幅広く育成できます。

みずタイプの技で一致させた場合、ドサイドンやゴローニャなどバトルで人気の「じめん・いわ」タイプのポケモンに対して弱点をつけます。

ただし、耐久は高いものの攻撃がかなり低く、上位互換となるポケモンとしてみずタイプ最強のカイオーガ、非伝説ながら優秀で育成難度の低いシャワーズなどが複数いるため、アタッカーには不向き。

かといってジム防衛にはもっと適したポケモンがいるため、ほしのすなやふしぎなアメなどの資源が少ないとき、優先して育成すべき積極的な理由はありません。

一方、比較的低いCPから、対人戦のトレーナーバトルでは活躍の場があります。

コミュニティ・デイ限定技「ハイドロカノン」は非常に優秀。持っていて、カメックスを使いたいならばそこから育てましょう。

おすすめ技構成:

みずでっぽう(みず)/ ハイドロカノン(みず)
みずでっぽう(みず)/ ハイドロポンプ(みず)

※「ハイドロカノン」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です

カメックスといえば:

Engadget

初代『ポケットモンスター 赤・緑』から登場しているポケモン。『ポケットモンスター 青』のパッケージを飾っています。進化前の「かめのこポケモン」ゼニガメは、『赤・緑』で最初に選べるポケモン3種のうち「みず」担当でした(残りはくさのフシギダネ、ほのおのヒトカゲ)。

ゼニガメのコミュニティ・デイでは、フィールドリサーチのリワードとしてサングラスをかけたゼニガメが出現しました。

これはアニメ版ポケモンの初期(無印12話、1997年放送)に登場したサングラスの不良集団「ゼニガメ団」から。進化させれば、サングラスのカメール・カメックスになります。

ポケモンGO、サングラスのゼニガメ出現確定。7月8日コミュニティ・デイ開催(2018)

英語名の Blastoiseは「ブラスト(爆風、発射)+トータス(陸亀)」

進化前のヒトカゲは、通常時に頻繁に見かけるポケモンではありません。集めるのが困難なポケモンですが、進化後のリザードンはほのおタイプの強ポケモンなので、進化させておきたいポケモンです。

とはいえ、ヒトカゲ、フシギダネ、ゼニガメの初代御三家はポケモンGOの大規模イベントで大量発生しています。大量発生時に捕獲をしておくのが良いでしょう。


最新のポケモンGOニュース一覧

Pokemon GO

ポケモン公式のタイプ相性表。ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1.6倍。2タイプで両方が弱点(二重弱点)の場合は約2.5倍。(例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃)

耐性は「いまひとつ」が約0.63倍。「効果がない」はポケモンGOでは約0.4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

pokedex



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 009, 009Blastoise, POKEDEX, POKEMON, Pokemon GO, pokemongo
17シェア
6
11,"likes":5
0

Sponsored Contents