Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iOS 13の新「マップ」は「googleストリートビュー」みたいな機能を搭載 #WWDC19

日本対応が気になるう〜

田沢梓門, @samebbq
2019年6月4日, 午前03:20 in Apple
64シェア
9
55
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Appleの開発者向け会議WWDC19で発表された次期メジャーバージョン「iOS 13」。「マップ」アプリのアップデートも紹介されました。

Engadget
今回のアップデートに伴い、Appleは全米中を車両でドライブしたり、飛行機で空撮して各地の詳細な情報を取得したそうです。お気に入り機能も追加され、リストも作成可能で、それらをシェアして旅行の計画なども立てられます。

デモでは「ルックアラウンド」という新機能を紹介。「googleストリートビュー」のような機能で、三次元のHD画像で町並みを確認できます。iPhoneを横向きにすることで、ピンチ操作で移動も可能。気になる店舗の店名をタップすると詳細も表示できます。


WWDC19のデモでは、サンフランシスコの町並みが紹介されましたがルックアラウンドの日本対応も気になるところ。googleストリートビューとの使い勝手の違いを比べてみたいですね。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, iOS13, iphone, map, wwdc19
64シェア
9
55
0

Sponsored Contents