Sponsored Contents

Appleの最新記事

Image credit:
Save

iTunesをこんまり──Appleが決断した3つの「進化と分割」(石川温) #WWDC19

ラインナップの充実と役割の変化に対応

石川温
2019年6月4日, 午前10:41 in Apple
144シェア
26
118
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View


6月3日(現地時間)、アップルの世界開発者会議・WWDCが開幕。基調講演が行われた。2時間20分という長丁場で、tvOSからwatchOS、iOS、MacOS、さらにはMac Proの新製品を発表するなど、まさにメガ盛りな基調講演であった。

その基調講演を、一言で、ざっくりとまとめると「進化と分割」というキーワードで語ることができる。

まず、触れておきたいのが「iTunesの終了」だ。

事前の一部報道では「iTunesが終了してしまう。ストリーミングが全盛となり、音楽ダウンロードの時代は終焉する」と煽ったところがあった。 確かにiTunesというアプリは消滅してしまうが、実際、蓋を開けてみれば「ミュージック」「ポッドキャスト」「AppleTV」の3つに「分割」されるというオチであった。

基調講演では、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であるクレイグ・フェデリギ氏が「iTunesにはスケジューラーやブラウザも載せようかと考えた」とジョークを飛ばしていたが、これまでのiTunesは、iPhoneなどのデバイスを管理するなど、機能がてんこ盛りだったため、ここにきて、それぞれの機能を進化させるとともに、分割するという決断を下したようだ。

これからアップルとしては、自社制作の映像コンテンツ配信事業に注力していくし、アメリカではポッドキャストの人気もいまだに高い。アップルミュージックも同社にとって大きな収益の柱になっていることを考えると、それぞれ分割、独立アプリにしたほうがユーザーにとってもわかりやすく使いやすいだろう。

きっと、ティム・クックは、iTunesにトキメキを感じなくなり、世界で流行している「こんまり」したかったに違いない。


WWDC

さらに「進化と分割」したのがApple Watchだ。

watchOSは、iPhone向けのアプリがなくても、Apple Watch向けに単独でアプリを配信できるようになった。Apple Watchに向けApp Storeも用意され、単独でアプリのインストールが可能になったのだ。まさにiPhoneとApple Watchが分割されたことになる。

基調講演では、Apple Watch用のアプリとして、オーディオブックやボイスメモ、電卓などのアプリが紹介された。騒音感知や月経のタイミングなども記録できるなど、Apple Watchの利便性がさらに高まることが予想される。

iPadOS

もうひとつの「進化と分割」はiPadだ。

これまでiPhoneとともにiOSだったiPadは、今回からiPadOSとして分割、独立。watchOSと同等な扱いになった。

大画面の特徴を生かし、ペンやキーボード入力、さらには画面分割など、iPhoneとは独自の進化をしつつあっただけに、iPadOSとして分割するのは当然の結果と言えるだろう。

これにより、iPadはひとつのアプリを同時に二つ、表示させることが可能になった。アプリの切り替えがスムーズになり、USBメモリが使え、ファイル管理がしやすくなるなど、さらにパソコンに近い使い勝手に進化した。

アップルとしては、iPhoneの普及がひと段落し、伸び悩みを見せる中、iPad関連は比較的、好調なセールスが続いている。 児童や学生などに向けた「はじめてのコンピューター」としてのニーズや、ビジネスの現場でもノートパソコンがわりに本格的に使えるマシンとして、iPadやiPad Proを訴求していくためにも、iPhoneとは違うユーザーインターフェースが求められているということだろう。

iTunesの役目が終わったのは、まさにアップルがコンテンツビジネスで成功している証でもあるし、Apple WatchがiPhoneから独立し、iPadはOSとしてiOSから分割されたことを見ると、アップルが手がけている製品群がそれぞれ年月を重ね、機能が強化されているということがよくわかる。

まさに今回の基調講演は、アップルによる今後の進化を見据えた、サービスとハード、OSの「整理整頓」といえそうだ。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: #WWDC19, Apple, iOS, iPad, ipados, iTunes, MacOS, tvOS, watchOS, WWDC, wwdc19, wwdc2019
144シェア
26
118
0

Sponsored Contents