Sponsored Contents

macproの最新記事

Image credit:
Save

新Mac Proは5999ドルから、秋登場。内部は公約通り拡張性重視に #WWDC19

大根おろしかと思うような「全面冷却穴」パネルに

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年6月4日, 午前03:40 in macpro
144シェア
0
144
0
0

連載

注目記事


アップルの開発者会議、WWDC 2019より。以前より予告されていた新型Mac Proがついに発表されました。出荷は2019年秋、米国価格は5999ドルからです。

焦点となっていた本体デザインは、現行モデル一つ前に先祖返りしたかのような「取っ手付きタワー形状」に。CPUは最高で28コアのインテルXeonが搭載可能、RAMは最大1.5TB/6チャンネル接続、内蔵電源の出力値は最高1400Wなど、iMac Proを超えるヘビーな仕様となっています。

Mac Pro 2019

Mac Pro 2019
Mac Pro 2019


Mac Pro 2019

内部構造は予告通り、一通りの主要ユニットがモジュラー化されたものに。PCI Express拡張カードは最高8枚まで搭載可能(うち4枚は2スロット厚に対応)など、現行モデルとは真逆とも呼べる、いわば「先祖返り的な造り」となっています。

Mac Pro 2019

実際の拡張作業に関しても素早く行えるように配慮されており、例えば外装(カバー)を空ける場合は、天面中央に搭載された取っ手を捻ることによってロックが解除され、外装を上に引き上げるだけで、4面すべてがオープンになる......といった具合です。


Mac Pro 2019
Mac Pro 2019

基本構成となる5999ドルモデルの採用パーツは、CPUが8コアXeon、RAMが32GB、GPU(ビデオカード)がRadeon Pro 580X搭載モデル、ストレージが256GB SSDとなるもの。

なおGPU(ビデオカード)は後述のApple MPXタイプ、SSDはApple T2チップをコントローラーとして用いた、独自形状スロットのカードとなります。

なおプレゼンテーションでは、近い構成のHP製ワークステーションが8253ドルである点を紹介し、(相対的には)お買い得度が高い点を強調しています。

Mac Pro 2019

Mac Pro 2019

また外装で目立つのは、本体の正面側と背面側、それぞれ全面に敷き詰められた冷却穴。パッと見の印象では大根おろし(おろし金)かのようにも見えるインパクトの大きなデザインですが、これにはもちろん理由があります。

実は新Mac Proの基本的なエアフロー(空気の流れ)は、正面側の内部に設置された3つの冷却ファン(吸気)だけで賄う構造。CPUやGPUのクーラーはなんとファンレスとなっています(とくにGPUは驚きです)。

こうした構造のため、正面や背面の空気の流れはなんとしても確保する必要があり、その結果としての全面冷却穴という結論になったわけです。

Mac Pro 2019Mac Pro 2019

GPUカード(ビデオカード)には、『Apple MPX』と呼ばれる独自形状のカードを採用。一般的なビデオカードで使われるPCI Express x16スロットに加え、最大475Wまでの電力供給が可能な「もう一つのPCI Expressコネクタ」を装備し、ディスプレイ出力もThunderbolt 3をベースにした構造となっています。

なお本体に合わせて、ペアとなるディスプレイ『Pro Display XDR』も発表しています。価格は4999ドルからとPC用ディスプレイとしては非常に高価ながら、32インチ/6016×3384解像度のパネルを搭載。

色域はDisplay-P3をサポートし、HDR対応となる輝度は1000nit(最大ピーク1600nit)と非常に高く、コントラスト比は100万:1と、業務用マスターモニターに近い仕様を備えたモデルです。


このように新Mac Proは、4K/8Kビデオ編集やCG制作など、PCとしてのパワーを強烈に必要とするユーザーに向けて、基本性能や拡張性を重視したという、予告通りのコンセプトを備えたMacとなっていると呼べそうな存在。

発売は2019年秋ということでしばらく先で、また価格的にも(歴代のMac ProやiMac Proと比べても)おいそれと手が出せるクラスではありませんが、外観からして「パワーこそ全て」と体現したような、そして一世代前のMac Proに先祖返りしたかのような大型タワー形状となったデザインは、昨今のアップルにあって異質とも呼べるモデルに仕上がっているだけに、非常に気になる存在となっています。






広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

144シェア
0
144
0
0

Sponsored Contents