Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

「不便」を「便利」に変える!実は使える「アクセシビリティ機能」:iPhone Tips

誰が使っても便利です

45シェア
19
26,"likes":19
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

「アクセシビリティ」という言葉をご存知でしょうか? もともとは近づきやすさ、利用しやすさを表す英単語ですが、IT分野においては、身体の状態や能力の違いによらず、同じように利用できる状態のことを指す言葉です。

そしてiPhoneの「アクセシビリティ」には、視覚や聴覚、身体に障がいのある人が快適に使えるようなサポート機能が多く搭載されていて、実は使い方によっては万人に便利な機能でもあります。

そんなわけで今回は、「アクセシビリティ」の中でも日常生活で活躍してくれそうな視覚サポート機能「VoiceOver」と「ディスプレイ調整」についてご紹介します。

Gallery: 視覚サポートを活用する | 14 Photos

14

「アクセシビリティ」にアクセスする

視覚サポートを使用するために、まずは「アクセシビリティ」へアクセスしましょう。「設定」から「一般」を選択し、「アクセシビリティ」をタップします。

iPhone「設定」の中の「一般」から(左)、「アクセシビリティ」をタップ(右)

「アクセシビリティ」には、視覚・聴覚・操作など多くのサポート機能が搭載されています。その中の一部をご紹介しましょう。

「VoiceOver」を活用する

「VoiceOver」は画面読み上げ機能です。画面をタップするだけで表示されているどんな情報も読み上げてくれます。視覚障がいがある人の心強い味方になること間違いなしですが、文章に目を通すのが面倒な人や、別の作業をしていて手が離せない人にも便利な機能と言えるでしょう。

この機能を使用するには、「VoiceOver」をオンにする必要があります。

iPhone
▲「VoiceOver」をタップ(左)。設定をオンにします(右)

iPhone
▲「VoiceOver」を使用している様子。黒い枠で囲まれた部分が読み上げ中の項目です。2本指で上から下にスワイプすると、画面のすべての項目が読み上げられます

項目を読み上げる速度や、女声・男声などは「VoiceOver」の設定画面から変更可能。また、「VoiceOver」を設定すると、操作方法が自動で変更されます。オフにしたいときは、設定画面の「VoiceOver」を1回タップし、その後ダブルタップしましょう。

iPhone▲「VoiceOver」を1回タップ(左)。続いてダブルタップで設定オフに(右)

画面の色を調整する

「ディスプレイ調整」の中にある「色を反転(スマート/クラシック)」や「カラーフィルタ」には、画面の色を変化させる効果があります。この機能を使えば色覚障がいがある方や視力が弱い方でも快適にiPhoneを使用できるかもしれません。また画面が黒を基調としたものに変化するので、暗い場所でiPhoneを使っても目が疲れにくくなる効果にも期待できます。

「色を反転」を使用する場合は、まず「ディスプレイ調整」をタップし、「色を反転」を選択します。次に「反転(スマート)」と「反転(クラシック)」のいずれかを選びます。これで設定は完了です。

iPhone
▲「ディスプレイ調整」をタップ(左)し。「色を反転」を選択しましょう(右)

iPhone
▲「反転(クラシック)」をタップ

iPhone
▲「反転(クラシック)」の使用画面

「カラーフィルタ」を使用する場合は、「ディスプレイ調整」の画面から「カラーフィルタ」をタップ。スイッチをオンにすれば設定完了です。表示は、画面が白黒になる「グレイスケール」のほか3つの色覚が選べます。

iPhone
▲「ディスプレイ調整」の中の「カラーフィルタ」をタップ(左)。スイッチをオンにします(右)

iPhone
▲グレイスケールを使用した場合の画面。そのほか3つの色覚を選択できます

「ホワイトポイントを下げる」は、白などの明るい色の明度を下げてくれる目に優しい機能です。眩しい光がストレスになる人や、寝る前にスマホを操作したい人は使ってみてください。

使用する場合は「ディスプレイ調整」から「ホワイトポイントを下げる」をタップし、オンにします。スライダーを動かして明るさを調整しましょう。

iPhone
▲「ディスプレイ調整」から「ホワイトポイントを下げる」をタップ(左)。スライダーで自分好みの明るさに調節できます(右)

アクセシビリティをショートカットに登録する

サポート機能の中には、設定すればサイドボタンもしくはホームボタンをトリプルクリックするだけで使えるようになるものがあります。

「アクセシビリティ」の中の「ショートカット」をタップしてみてください。すると、ショートカットが作成できる機能の一覧が出てきます。複数の効果を登録できるので、自分が使いたいものを選択してみましょう。

iPhone
▲「アクセシビリティ」画面の一番下にある「ショートカット」をタップ(左)。ほしいサポートを選択。複数の登録が可能です(右)

以上でショートカットの登録は完了です。サイドボタンをトリプルクリックするだけで、アクセシビリティをすぐに使えるようになりました。

iPhone
▲サイドボタンまたはホームボタンをトリプルクリック

iPhone
▲ショートカットを1つしか登録していない場合はすぐに効果が現れます。複数の登録をした人は使いたい機能を選び、タップしましょう

今回紹介した以外にもアクセシビリティには誰もがiPhoneを快適に使えるようになる機能が満載されています。ぜひ、いろいろ試してみてください。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: accessibility, iphone, iphone tips, support, tips
45シェア
19
26,"likes":19
0

Sponsored Contents