Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

細長いボディー「Xperia 1」の画面比率が叶えてくれること

映像もゲームもこれ1台で楽しみたい「Xperia 1」の魅力に迫ります

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年6月5日, 午後03:00 in mobile
38シェア
0
38
0
0

連載

注目記事



これまで数々のXperiaを手にしてきましたが、ここまで欲しいと思った製品は「Xperia 1」ぐらいでしょう。6月中旬に発売を控えるXperia 1をお借りしたので、 使い勝手を中心にチェックしてみました。

まずは、絶妙な持ち心地と映画館のような映像体験を可能にする21:9比率のディスプレイ。

ポケットから取り出すと「こんなスマホ見たことない」と、飲み会の話題になりそうな見た目ですが、ソニーモバイルは意図してこの比率を採用したそうです。

Xperia 1 Review
▲Xperia Ace(右)と比較するとXperia 1(左)はかなり細長い

Xperia 1 Review
▲Xperia 1とXperia AceでEngadget日本版のトップページを表示した様子

世の中には16:9比率のディスプレイを採用したスマホが多く存在しますが、この比率を維持したまま、大型化を図るのには限界があります。

16:9比率よりもハリウッド映画に近い21:9比率にしてしまうことで、横向きの時は幅広の巨大スクリーンのような、迫力ある映像体験が可能な上、縦向きの時は片手で持てる本体幅にできるという、まさに一石二鳥なデザインです。ハンディカムやBRAVIAなど映像機器を手掛けるソニーらしい発想ですね。

Xperia 1 Review
▲21:9比率が最高の握り心地を実現している

持ち心地というよりは握り心地ですが、これは他のスマホよりも非常に評価できる点です。手が比較的小さな人でもXperia 1であれば握ることができるでしょう。

角や背面が極端に丸みを帯びているわけでもなく、この気持ちが良いほどに最高の握り心地。何でしょうね。恐るべしこの21:9比率。

Xperia 1 Review
▲Xperia 1でNetflixアプリを起動した様子

Xperia 1の発表時には、数多くの映像コンテンツを配信するNetflixと提携することも発表されました。本体の画面設定で「自動クリエイターモード」をONにしている場合(デフォルト設定)に、Netflixアプリを開くと自動的に「クリエイターモード」で表示されます。では実際にXperia 1でNetflixのコンテンツがどのように再生されるのかをチェックしてみましょう。


Netflixは2016年から「プレビュー」という機能をアプリに導入しています。プレビューでは、従来のティーザーや予告編とは異なり、作品のストーリーや登場人物などをすぐに把握できる内容にまとめた紹介動画が再生されます。

Xperia 1 Review
▲端から端まで映像コンテンツが表示される

スマホアプリでは横ではなく縦向きで再生されます。

実際にXperia 1で再生すると縦再生時も画面の端から端まで映像コンテンツが表示されます。続いて横向きで再生される映画の本編はどうでしょう。

Xperia 1 Review▲通常は元の比率で再生される

Xperia 1 Review
▲拡大すると横の黒帯が表示されなくなる

拡大表示した際に字幕が切れることなく表示されるのは、Netflixとソニーのコレボレーションで実現しているものではなく、Netflixアプリ側のデフォルトの仕様です。 ソニーモバイルによると、ディスプレイ画面に合わせて拡大表示した際に字幕が切れる映画もあれば、切れない映画もあるそうです。 字幕が映像と別のデータとして記録されているものなのか、字幕が映像そのものに埋め込まれているのかなどによって左右されるもので、コンテンツの仕様によって挙動が異なるようです。

画質についても、Netflixのコンテンツだけではなく、通常の動画でも、明暗の差もはっきりし、高コントラストで色彩豊かな映像を鑑賞できます。これは、4KアップスケーリングやHDRリマスター、BRAVIAで培った技術「X1 for mobile」が貢献しています。

補足しておくと、4Kアップスケーリングは低画質な動画を4K画質相当に変換する技術。HDRリマスターは標準規格のSDRをHDR相当に変換する技術です。

さらに、コンテンツ本来の色を忠実に表示する「クリエイターモード」も搭載。Xperia 1の開発チームが特にこだわったのはディスプレイの色表現だと言います。映像の製作現場で使われるマスターモニターは、色の再現性が非常に厳密に追求されていて、1台あたり数百万円のマスターモニターも使われているそうです。

マスターモニターに使われている技術を応用し、コンテンツが持つ本来の色を忠実に表示するのが、Xperia 1のクリエイターモード。

同モードのチューニングは意外な場所で行われていました。神奈川県厚木市には、映画や放送業界で使われているプロ用映像機器の開発部隊がいます。映画スターウォーズ エピソード1の撮影に使われたF900や、アバターなどの撮影に使われている「VENICE」など、業界を支えてきたプロ向けの機器を手掛けています。

目では見えないところにまで、細かいチューニングを施したというXperia 1のディスプレイで鑑賞する映画はまさに映画館そのもの。手の平でこんな体験ができるなんて贅沢です。

21:9比率のディスプレイが威力を発揮するのは、握り心地や映像鑑賞だけではありません。

ゲームでもその恩恵を受けることができます。21:9比率に対応したゲームであれば、画面の端ギリギリまで映像が表示されます。大げさかもしれませんが、4K有機ELのお陰もあり、単なるゲームも奥行き感のある立体映像に見えるほど。

ちなみに、Xperia 1では21:9比率に対応したゲーム「アスファルト9:Legends」「フォートナイト」「伝説対決-Arena of Valor-」がプリインストールされるとのこと。

Xperia 1 Review
▲21:9比率に対応するゲームアプリであれば、黒帯が両端に表示されない

スマホゲームの体験を向上する「ゲームエンハンサー」という機能もあり、ゲーム画面の録画やシェアが行なえ、ゲームプレイ中にくる着信や通知をオフにしたり、プレイしながらの攻略方法の検索なども行えます。

まだまだありますよ。今回かなり気合が入っているようで、ソニーモバイルはなんとUIも工夫してきたのです。

Androidの標準機能として、マルチウィンドウが用意されています。これは、画面を2分割にして、それぞれ異なるアプリを起動するもの。

Xperia 1 Review
▲マルチウィンドウの初期起動時は分かりすいガイドが表示される

Xperia 1 Review
▲分割して使いたいアプリを選択するだけ

この縦長比率を活用することで、片方は上でにウェブサイトを閲覧し、もう片方は16:9比率で動画を視聴するといった活用法もあります。

Xperia 1 Review
▲上はウェブサイト、下はYouTubeで動画を再生

Xperia 1はプロセッサはSnapdragon 855、メインメモリは6GBと、スペックも高いので、21:9の比率を生かしてヌルヌルと心地よくスクロールできます。

それぐらいXperia 1のディスプレイは色んな側面で威力を発揮するのです。もはやモバイルというよりも、小さな高性能ディスプレイを持ち歩くような感覚です。世の中には20万近くする端末もありますが、ここまでの完成度を誇るXperia 1が10万円程度で購入できるのは超お買い得だと思います。

見ているだけで、いや、触っているだけで、好奇心をくすぐる究極の1台を作ってくれましたね。とにかく発売が待ち遠しいです。早く発売してー!という感じです。

(更新)NetFlix再生時の説明を一部修正




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

38シェア
0
38
0
0

Sponsored Contents