Sponsored Contents

AppleRumorの最新記事

Image credit:
Save

iPadのMacサブ画面機能Sidecarは「仮想Touch Bar」に対応。Mac側が非搭載でも動作

アップルによる民業圧迫?

Kiyoshi Tane
2019年6月6日, 午後07:00 in AppleRumor
67シェア
0
67
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

先日アップルの開発者向け会議WWDC19で正式に発表された、次期macOS「Catalina」でのiPadサブディスプレイ化機能こと「Sidecar」。サードパーティ製アプリを導入せずとも、iPadを有線および無線で接続すれば、Macの追加ディスプレイにできるという機能が公式に紹介されました。

そしてこのSidecarは、非常に多機能のようです。開発者向けに配布されたiPadOSベータ版にて、このSidecar機能により「TouchBar非搭載のMacでも、iPad側の画面でTouchBarに相当するコントロールバーが利用できる」ことが明らかとなりました。

米アップル関連情報サイトMacRumorsによれば、この機能が有効になるのはTouchBarに対応してしたMacアプリの使用時。サブディスプレイ化したiPad上にTouch Barと同等の機能を提供するコントロールバーが表示され、タッチ操作で利用できるとのことです。

この「仮想TouchBar」は、TouchBarつきMacBook ProのそれをiPad上に反映したものですが、Mac側がTouch Bar非搭載モデルであっても表示されます。
つまり非TouchBarモデルのMacであっても、SidecarによってTouchBar相当の機能が使えるようになるというわけです。


sidecar
Image:Reddit user dotmax


こうした仮想Touch Barは、iPadサブディスプレイ化アプリの代表的製品であるDuet Displayに実装済みのもの。さらにWWDC19での正式発表前、まだ噂レベルだった時点で予想されていたApple Pencilも実際にサポートされており、OS公式、なおかつ初となる機能ながら、サードパーティ製で高機能とされるアプリが提供している機能のほとんどを取り込んだことになります。

アップル製品では、これまで有料だったアプリやサービスがmacOSの標準機能に取り込まれて無料になるという話はこれまでにも多くありましたが、今回のキャッチアップは非常に速いもの。アプリ開発者からは「アップルによる民業圧迫では」と嘆く声も聞こえてきそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: MacRumors, Reddit
67シェア
0
67
0
0

Sponsored Contents