Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

携帯解約の違約金、上限1000円に──日経報道

秋をめどに

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年6月8日, 午前10:05 in Mobile
3277シェア
297
2980
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

携帯キャリアの2年縛り契約を途中解約する際の「違約金」(解約金)について、政府が上限を1000円とする方針を固めたと日本経済新聞が報じました。

NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクともに現在は9500円ですが、秋までに1000円以下に引き下げるとのこと。10月の楽天携帯参入を見据え、携帯キャリアを乗り換えやすくする狙いがあります。

3キャリアは2年縛りについて、違約金不要で乗り換えられる「解約月」を3か月に設定していますが、それを過ぎると9500円の違約金が発生。キャリア間の乗り換えを妨げる要因となっていました。

なお、違約金が1000円以下となることで、キャリア間の流動が増し値下げ競争が活発化する期待があります。一方、携帯キャリア側には、より料金プランを複雑難解にすることで、消費者にキャリア間で横並びの料金比較をさせず、「よくわからないから、このままでいこう」という現状維持バイアスを強め顧客流出を防ぐインセンティブが働く懸念もありそうです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: mobile
3277シェア
297
2980
0

Sponsored Contents