Sponsored Contents

browserの最新記事

Image credit:
Save

Firefoxの最新プライバシー更新はトラッキングブロックを強化

デフォルトで使えます

47シェア
13
34,"likes":34
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


Firefoxブラウザに「Enhanced Tracking Protection」機能がロールアウトされました。これはオープンソースのアンチトラッキングツールを提供するDisconnectによって定義された、1000以上のサードパーティー・トラッカーをブロックするものです。この機能は、Firefoxブラウザを新たにダウンロードした場合にはデフォルトで有効になっており、また既存ユーザーも手動で機能の利用が可能です。

Firefoxは昨年、プライバシーへの懸念やページ読み込みの高速化を念頭に、アンチトラッキング機能を強化すると宣言していました。また、アルファ版となる「Firefox Nightly」では、トラッキングブロック機能が以前からテストされており、後のロールアウトが予定されていたのです。

既存のFirefoxユーザーの場合、メニューアイコンから「コンテンツ・ブロッキング(Content Blocking)」を選択し、プライバシーとセキュリティの項目にてカスタムを選択。そして、クッキー横の「サードパーテイー・トラッカー」から機能を有効にできます。

Firefox

残念ながら、今日のフィンガープリンティングや暗号通貨発掘スクリプトのリスクを防ぐためには、クッキーの消去だけでは十分ではありません。Firefox Nightly 68やFirefox Beta 67には悪意あるスクリプトを対象としたアンチトラッキング機能が搭載されていましたが、現在は誰もがこの機能を利用できるようになりました。また、Firefoxの開発元ことMozillaは将来的なアップデートにて、フィンガープリンティングのブロック機能もデフォルトで有効にしたいと考えています。

それだけでなく、Mozillaは外部サイトに埋め込まれたシェアやいいねの追跡をブロックする拡張機能「Facebook Container 」のアップデートも公開しています。さらに、Lockboxから「Lockwise」へと名称変更された、デスクトップ向けのパスワードマネージャーもロールアウトしています。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Mozilla
関連キーワード: browser, firefox
47シェア
13
34,"likes":34
0

Sponsored Contents