Sponsored Contents

apple pencilの最新記事

Image credit:
Save

驚愕の描き込みを見よ!iPad Pro + Apple Pencilは最強の液晶ペンタブレットだった!(世永玲生)

Apple Pencilを修理に出すと心に決めました!

世永玲生(Reo Yonaga)
2019年6月9日, 午前09:00 in Apple Pencil
194シェア
0
194
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
iPad Pro + Apple Pencilの組み合わせがヤバい! って話はよく聞きますよね。

でも、Facebookのタイムライン上では、ここまで凄いデジタルイラストを描いたよ! っていうのを今まで見ることがなく、「ふーん」と僕は思っていました。

ですが先日、iPad ProとApple Pencilで凄まじく描き込まれた作品をみて、僕もついに「これはヤバい!」と思ったわけですよ。

いやまじで。

クリスタで描かれた凄まじい描き込みの作品

この作品は、映像制作会社でアートディレクターを務める森岡 淳さんのデジタルイラスト。

森岡さんは、以前ワコムのペンタブレットと、フォトショップでデジタルイラストを描いていたそうなのですが、現在はiPad Pro + Apple Pencilの魅力に取り憑かれ、iPadのみでも作品を完成させているそうです。

これは600ミリ×300ミリの300DPI(7087ピクセルx3543ピクセル)描かれた作品なのですが、

ApplePencil

見てください凄いこの描き込み。

ApplePencil

凄まじいまでの描き込みが随所に行われており......

Applepencil

一つとなり......

Applepencil

そして、一枚の絵となっています。

この凄まじい描き込みの作品を森岡さんは「11インチiPad Pro」 +「 Apple Pencil」(第二世代) +「CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)」で描きあげているんです。



こう見ると感動レベルに凄いでしょ?

最強の液タブiPad Pro + Apple Pencil

さて、「iPad Pro + Apple Pencil」は最強のタブレット環境! と森岡さんがおっしゃっていたので、今回はその理由を聞いてみました。

iPad Pro + ApplePencilが最強な理由、iPad Pro + Apple Pencilの組み合わせが最強だと思う理由! それは......
  • 携帯性(いつでもどこでも描くことが可能)
  • 絵へのアプローチのしやすさ
  • iPad自体の立ち上がりが早い
  • iPadの使い勝手に合わせたアプリが充実
  • 使用用途に合わせてアプリの切り替えが可能
  • モニタへの出力もケーブル一本でラクラク
  • データのやり取り(PC⇄iPad)が楽
  • SNSへのアップロードが容易

ApplePencil
▲筆圧感知能力が上がり、紙への書き心地に近づいてきた

Apple Pencilの性能が高いことに加え、筆圧感知能力が上がり、更にペーパーライクフィルムの書き味が紙に近づいているのも大きな理由だそうです。

ApplePencil
▲もちろん、パソコンでのデジタルペイントと同様、拡大縮小も自由自在

ただ良いところだけではないそうで、難点としては......
  • パソコンのようにキーボードのショートカットキーが使えない。
  • 11インチと言えど、紙のスケッチブックと比較してしまうと重い。

といった点が挙げられるそうです。

ちなみに、今回のデジタルイラストで使われているアプリの「CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)」通称「クリスタ」は、サブスクリプションモデルのペイントアプリ。PRO版は月払いですと480円、年払いですと2800円(ひと月あたり約233円)。冊子等にも対応しているEX版は月払いですと980円、年払いですと7800円(ひと月あたり650円)です。

EX版は最初の6か月が無料で使えるので、Apple pencilをお使いの方はまず6か月試してみるのもありかもしれません。

森岡さんは「クリスタ」以外に「Procreate(プロクリエイト)」でもイラストを描いているそうです。



気軽にぱっとアプリを切り替えて使えるのもiPadでイラストを描く際の魅力ですね。

さて、僕もiPad Pro + Apple Pencilを買ってたんですが、わりとすぐに完全放電して使えなくなって、そのまま放置しちゃってました。今回この凄い作品をみて、少しでも絵の練習をしようかなー。と初心がムクムクと蘇ってきた感じです。

しかも、Apple Pencilのバッテリー交換がどのモデルも3200円だということを知ったので、これは交換してイラストの練習を復活するしかない!

なお、森岡さんは東京・UNPLAN神楽坂の1Fにて、6月3日~6月30日の期間でグループ展を開催しているそうです。そこではこの作品が出力されて展示しているそうなので、ご興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

GMOインターネット特命担当/ゲームデザイナー 2009年に自身が企画した「Matrix Music Pad」がアップルの年間ベストアプリに選出されるなどの実績を持つ。英App Annieが選ぶ日本のTOP10デベロッパーに個人チームで唯一選出。 ソニー・ミュージックエンタテインメント、セガ、キューエンターテインメントを経て2010年から現職。鈴木みそのマンガ「ナナのリテラシー」に登場する天才ITコンサルタント山田甚五郎のモデル。
194シェア
0
194
0
0

Sponsored Contents