Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

何が違う? Galaxy S10+ 東京2020オリンピック限定モデル実機レビュー

価格的には意外とお得なのかも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年6月11日, 午前06:30 in mobile
54シェア
8
46
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
Samsungはオリンピックのワールドワイドパートナーとして、これまでもいくつかのオリンピック限定モデルを発売していますが、東京オリンピックでもリリースされます。

ドコモから発売されるのは「Galaxy S10+ Olympic Game Edition」。Galaxy S10+をベースとした限定モデルで、型番も通常モデルとは別に「SC-05L」となります。7月下旬に1万台限定で発売予定。価格は11万4696円(税込)。

そんなオリンピックモデルを一足早く貸していただいたので、さっそく何が特別なのかをチェックしてみました。なお、端末は開発中の評価機のため、製品版とは異なる可能性もあります。


まずは外観から。ドコモ版のGalaxy S10+はプリズムブラックのみですが、Olympic Game Editionはプリズムホワイトがベース。白地に金の装飾だったNote 8の平昌冬季オリンピックモデルとは違い、今回の東京2020オリンピックモデルはロゴもホワイトになっています。

Galaxy S10+ Olympic
▲プリズムホワイトがベースなので角度によって色味が違って見えます

ドコモからプリズムホワイトが発売されないとはいえ、外観で異なるのは、この2020年東京オリンピックの公式ロゴが入っている程度。仕様自体は通常のGalaxy S10+と変わりません。


とはいえ、もちろん限定版オリジナルのコンテンツも含んでいます。

まずは、東京オリンピックのテーマ(壁紙)。ホーム画面とロック画面の壁紙が用意されています。ただし、ホーム画面の壁紙は、SamsungのOne UIホームでしか反映されません。

Galaxy S10+ Olympic
▲ホーム画面(左)とロック画面(右)

Always On Display(AOD)にも専用コンテンツとして、公式キャラクターのミライトワが用意されています。ちなみにソメイティはいませんでした。

Galaxy S10+ Olympic
▲AODにはミライトワ

起動と終了のアニメーションも、限定モデルのオリジナルに変更されています。

Galaxy S10+ Olympic▲起動アニメーション。ランナーが走りだします

Galaxy S10+ Olympic▲終了アニメーション

なお、Galaxy S10+ Olympic Game Editionには、完全ワイヤレスイヤホンGalaxy Budsが付属しますが、こちらのケースにもオリンピックロゴが入ります。

Galaxy S10+ Olympic
▲ケースにロゴが入るだけで、本体は通常モデルと同じです

このほか、個装箱もオリンピックロゴやピクトグラムをあしらった、スペシャルボックスになりますが、こちらは現在制作中とのことです。

ノーマルなGalaxy S10+との価格差は約1万円。上記の違いだけではやや割高に感じるかもしれませんが、実売1万7000円ほどのGalaxy Budsが付属すると考えれば、むしろお買い得とも言えそうです。

ところで、これまでオリンピックモデルはオリンピック開催年に発売されてきましたが、今回は1年早いリリースとなります。開催年となる2020年にも別のオリンピックモデルが登場する......なんてこともあるのかもしれません。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: docomo, galaxy, Galaxys10+, mobile, olympics, sc-05l, Tokyo2020
54シェア
8
46
0

Sponsored Contents