Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

iPadで3つのアプリを同時に表示させるには?「Slide Over」と「Split View」を活用しましょう:iPad Tips

パソコン代わりに使うなら必ず覚えておきたいテクニック

井上晃(AKIRA INOUE)
2019年6月11日, 午前08:07 in iPad tips
42シェア
0
42
0
0

連載

注目記事


iPadで複数アプリを使うときには、「Slide Over」と「Split View」という2つの機能を活用すると、効率的な操作ができるようになります。今回は3つのアプリを同時に使う方法を紹介するので、ぜひ活用してみてください。

なお、本稿では、iOS 12.2搭載の11インチiPad Proで検証した手順を紹介します。

Gallery: iPadで3つのアプリを同時に表示する手順 | 11 Photos

11

「Slide Over」と「Split View」を使いこなす

適当なアプリを表示した状態で、Dock(ドック)に表示されたアプリアイコンをドラッグアンドドロップすると2つ目のアプリ画面を表示できます。アプリ画面内にドロップした場合「Slide Over」になります。

iPad Tips
▲画面下端を上向きにそっとスワイプ。アプリを閉じないように注意

iPad Tips
▲Dockが表示された。アプリアイコンを長押しし、アイコンの色が薄暗く変わったらドラッグしましょう

iPad Tips
▲アプリ画面上にドラッグアンドドロップ(画像は分かりやすく右上にしていますが、ここまで動かさなくても大丈夫です)

先ほど軽く触れましたが、ドラッグアンドドロップの場所が実は重要です。すでに起動しているアプリ画面上で指を話したときには、下記のように「Slide Over」のウィンドウになります。

続いて、「Slide Over」の画面と「Split View」の画面を切り替えます。

iPad Tips
▲「Slide Over」のウィンドウでメモアプリが表示された。上部のバーを下向きに動かします

iPad Tips
▲こんな感じの画面になるので指をパッと離しましょう

iPad Tips
▲「Slide View」表示に切り替わりました。アプリの境界にある縦バーを左右にドラッグすることで、表示比率を3段階で調整できます

このように「Slide Over」表示(上に浮いている画面)から「Split View」(2つに分かれている画面)へと切り替えられます。逆の操作も可能で、「Split View」 「Slide Over」に戻したい場合には、2つに分かれている画面の上端を下向きに軽くスワイプしてみてください。

ちなみに、上記の手順では、「1つのアプリ画面」 「Slide Over」 「Split View」という画面切り替えを経ました。しかし、実は「1つのアプリ画面」 「Split View」と直接切り替えることもできます。その場合には、Dockのアプリアイコンをドラッグアンドドロップする場所を左右どちらかの画面端にしてください。

3つ目のアプリを表示する方法

続いて、Split Viewですでに2アプリを表示した状態で、さらに3つ目のアプリを「Slide Over」で表示していきます。基本的な表示手順は、先ほど紹介したものと変わらないのですが、ポイントはドラッグアンドドロップする場所です。今回は、2つのアプリ画面の境目で指を離してください(アプリ画面上だと、ただアプリが置き換わるだけになってしまいます)。

iPad Tips
▲再びDockを表示させる。画面下端から上へ軽くスワイプ

iPad Tips
▲Dockのアプリアイコンを「2つのアプリの境目に」ドラックアンドドロップします

iPad Tips
▲3つ目のアプリ画面が表示されました。上部のバーを左右にスワイプして、ウィンドウの位置を調整しましょう

Slide Overのウィンドウは、上部のバーを左右にスワイプすることで、「画面外(右端より右へ)」「画面右端」「画面左端」の3段階で場所を調整できます。画面外に動かして実質的な非表示状態にしても、画面右端を左へスワイプすることで再表示することが可能です。

iPad Tips
▲画面右端に隠したウィンドウを表示するには、画面右端を左へスワイプで

iPad Tips
▲するとSlide Overのウィンドウが再度表示されます

例えば、作業で必要なアプリをSplit Viewで表示しておき、「ミュージック」アプリの画面をSlide Overで表示しておくなど、使い分けが可能です。Slide Over表示のよいところは、画面外に非表示にしておき、再表示も容易に行えるところ。

メインの作業を進めつつ、たまに音楽を選曲する、あるいはメッセージで連絡するなどの使い方をする際に3画面を活用してもらうと、いつもより快適にiPadシリーズを活用できると思います。ちなみに、アプリによっては今回紹介したSlide OverやSplit Viewに対応していません。そのため、まずは必要な機能に関して、3画面表示ができるアプリの組み合わせが何なのかを探っておくのが重要です。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

42シェア
0
42
0
0

Sponsored Contents