Sponsored Contents

gameの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneをゲーミングスマホにするコントローラー「GameSir G6」とFPSの相性は抜群!

FPS系ゲームに最適!

ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2019年6月11日, 午前09:17 in Game
62シェア
8
54
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

Androidスマホには「ROG Phone」や「Black Shark 2」などゲームコントローラーを活用できるゲーミングスマホが販売されていますが、iPhoneシリーズにはゲームに特化した端末は存在しません。そこで今回ご紹介したいのがiPhoneをゲーミングスマホ化するコントローラー「GameSir G6」です!Amazonでは3899円で購入できます。

「GameSir G6」はiPhoneとBluetooth接続して利用するゲームコントローラー。テレスコピックデザインを採用しており、長さ6.57インチ未満のiPhoneに対応。今回試してみた限りではAndMeshのケースをかぶせた「iPhone XS Max」を装着できました。

Engadget
▲パッケージには、「GameSir G6」本体以外に、microUSBケーブルと説明書が同梱されています

本体前面にアナログスティック、X、Y、A、B、C、Zボタン、本体上面にL1、L2、R1ボタン、本体下面に電源ボタンが配置されています。R2ボタンはありません。

Engadget
▲本体前面

Engadget
▲本体上面

Engadget
▲スマホの側面を挟む箇所にはゴムシートが貼られており、傷がつかないように配慮されています

設定の流れは......
・「GameSir G6」の電源を入れる
・「GameSir G6」とiPhoneをBluetooth経由でペアリング
・専用アプリ「GameSir G-Crux」をインストール
・「GameSir−G-Crux」でコントローラーを選択
・「設定管理-デフォルト設定」でプロファイルをダウンロード
・プロファイルを「GameSir G-Crux」に保存
・ゲームを起動

......となります。なお出荷時期によって異なる可能性がありますが、今回は「GameSir G-Crux」でコントローラーを選択した際にファームウェアのアップデートが適用されました。

Engadget
▲「GameSir G-Crux」の設定画面。まずはデバイスを選択します

Engadget
▲「設定管理 デフォルト設定」からプロファイルをダウンロードします。記事執筆時点で「Fortnite」、「LifeAfter」、「Cyber Hunter」、「Free Fire」、「Mobile Legends」、「Arena of Valor」、「kinves out」、「PUBG MOBILE」、「Arena of Valor」用のプロファイルが用意されていました

今回プレイするのはFPS系ゲーム「デッドトリガー2 ゾンビシューティング戦争」。このゲームのプロファイルは用意されていないので、「PUBG MOBILE」のプロファイルをカスタマイズして使うことにしました。

Engadget
▲ダウンロードしたプロファイルは「設定管理−個人設定」に登録されています。ただしこの時点ではまだプロファイルは有効になっていません。そこでプロファイル名をタップします

Engadget
▲そうするとプロファイルのカスタマイズ画面が表示されます。ここであらかじめスクリーンショットを撮影しておいた「デッドトリガー2」の操作設定画面を「スクリーンショットを追加する」から読み込みます

Engadget
▲操作設定画面のレイアウトに合わせて「GameSir G6」のレバー、ボタンを配置します。最後に「周辺機器に保存」をタップすれば、カスタマイズしたプロファイルが有効になります。プロファイル名に「使用中」の文字が表示されたら準備完了です

Engadget
▲特にゲーム側では設定の必要はありません。すでに「GameSir G6」が利用可能になっています

コントローラーの操作感は良好です。スワイプで操作するソフトウェアレバーであれば、違和感なくコントロール可能です。ボタン類が左側に集中しているのでやや小さい点は気になりましたが、慣れで解消できるレベルです。そして右側にはR1ボタンのみが配置されているので、右手親指での照準合わせがしやすいですね。FPS系ゲームに特化したコントローラーというわけです。

もちろん、FPS系ゲームはスマホ単体でプレイできるように設計されていますが、「GameSir G6」を導入すればより操作しやすくなります。「ROG Phone」や「Black Shark 2」などゲームコントローラーを装着できるゲーミングスマホと同等の操作性を求めるiPhoneユーザーには魅力的なデバイスと言えます。

なお、新規にプロファイルを登録しようとしても「ゲーム名絵文字や特殊文字を使用できない」(原文ママ)というエラーメッセージが出てしまいましたが、今回試したとおりプロファイルで設定したキー設定はほかのアプリでも使えます。たとえば「DUAL SHOCK 4」を使えない「PS4 Remote Play」でも「GameSir G6」は使えるわけですね。リモートで「ストリートファイター」をプレイしましたが、十字キーがないので遊べるレベルではありませんでした。

Engadget
▲レバー、ボタンの数が足りませんが、「GameSir G6」で「PS4 Remote Play」をある程度操作できることを確認しました。ただし十字キーにアナログスティックを割り当てると、かなり操作しにくい点にはご注意ください



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: GameSir G6
関連キーワード: game, gaming, ios, iphone, ps4, ps4 remote play, smartphone
62シェア
8
54
0

Sponsored Contents