Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

マツキヨグループ、国内外の約1700店舗がポケモンGOのポケストップやジムに

地方にも多く展開しています

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年6月11日, 午後02:30 in mobile
46シェア
7
39,"likes":20
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

ドラッグストアチェーンのマツモトキヨシが、Nianticおよび株式会社ポケモンと「Pokémon GO」におけるパートナーシップ契約を締結しました。同契約により、6月11日(火)から、国内外のマツモトキヨシグループ約1700店舗がポケストップやジムとしてゲーム内に登場します。

マツモトキヨシだけではなく、「どらっぐぱぱす」などグループ会社の店舗も対象です。国内だけではなくタイ、台湾の店舗も含みます。

首都圏に偏ってはいるものの「マツモトキヨシ」自体は全国に展開。また、岡山を中心に展開している「くすりのラブ」や、北陸に多い「シメノドラッグ」、宮城の「ダルマ」、九州の「ミドリ薬品」など、グループ会社は地方にも分散しており、ポケストップが少なかった地域には朗報かもしれません。

企業と提携してポケストップを設置した例としては、マクドナルドやソフトバンク、イオングループ、伊藤園、セブンイレブン、ジョイフルなどがあります。直近ではTSUTAYAとも提携していました。


なお、マツモトキヨシグループでは、今後、店頭でのキャンペーン実施など、ゲームと店舗をつなぐ様々な施策に取り組んでいくとしています。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

46シェア
7
39,"likes":20
0

Sponsored Contents