Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

「最新スマホ、タダで2週間貸します」OPPOがキャンペーン

SIMは自分で用意する必要があります

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年6月11日, 午後07:15 in Android
60シェア
10
50
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 13 時間前
View


オッポジャパンは、エクスモバイルが提供する携帯レンタルサービス「エクスモバイル」でOPPO製スマートフォン(スマホ)の「R17 Pro」もしくは「AX7」を2週間無料で体験できるレンタルサービスを6月11日に開始しました。

オッポジャパンはサービスを提供する理由として、「近くに家電量販店がなく端末に触れることができないとの声がユーザーから出ている」とし、「初めてOPPOのスマホを使うことやSIMフリー端末を利用することに不安を感じている方にもおすすめです」と説明しています。

OPPO▲OPPO AX7

利用期間は、端末到着から2週間(14泊15日)、返却は15日目に行う必要があります。配送料はオッポジャパンが負担します。利用資格は日本国内在住の成人で、クレジットカードを所有しているほか、免許証、パスポート、健康保険証、各種年金手帳、年金証書、外国人登録書など、いずれか一つの本人確認書類が必要。また、使用後にアンケートに協力することも条件となります。

レンタルは1人(1世帯)に付き1回のみ利用でき、スマートフォン端末(1台)、ACアダプター、USBケーブルを同梱します。SIMカードは付属しません。

なお、こうしたサービスは大手通信キャリアのKDDIやUQ mobileがSIMカードをセットにして実施していますが、SIMフリーの端末メーカーが実施することは珍しいです。

「R17Pro」は1200万画素と2000万画素のデュアルカメラを背面に搭載し、前面に2500万画素のインカメラを搭載。インカメラは顔の輪郭などを調整や記憶する機能も備えています。ディスプレイサイズは6.4インチの有機ELに指紋認証センサーを内臓し、10分で40%の急速充電にも対応します。価格は6万9880円(税別)。

一方の「AX 7」は、R17 Proよりも性能を抑えたモデル。画面占有率88.4%の水滴型ノッチスクリーンを搭載し、4230mAhの大容量バッテリーを搭載しており、2万9880円(税別)という手ごろな価格を実現していることが特徴です。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: OPPO
60シェア
10
50
0

Sponsored Contents