Sponsored Contents

CrowdFundingの最新記事

Image credit:
Save

スマホでミニ四駆を自在に操作する、ミニ四駆IoT化キット「bCoreレーサー」(7/19まで)

GREEN FUNDINGとのコラボ特集です

GREEN FUNDING with Engadget Staff
2019年6月12日, 午後12:06 in Crowdfunding
129シェア
8
121
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
GREEN FUNDINでこのプロジェクトを支援する

市販のミニ四駆を、スマホで操作できるラジコンに改造できる夢のキット

「bCore(びーこあ)レーサー」

ついにGREEN FUNDINGに登場!


皆さんがよくご存知の普通のミニ四駆は、電源を入れるとまっすぐ走り出し、レースなどでは決まったコースに沿って走るよう作られている楽しい自動車模型です。

でも、そんなミニ四駆を「コースの外でも自由自在に走らせたい!」と夢見たことはありませんか?

私達は、そんな皆さんの夢を叶えるため、ミニ四駆をラジコン化するキット「bCoreレーサー」を開発しました。

従来のミニ四駆は前に走らせる事に特化した玩具ですが、このキットを取り付けることで、普通のミニ四駆が...

「走る!」

「曲がる!」

「止まる!」

それらを、

「スマホから操作できる!」

そんな夢を実現できるキットが「bCoreレーサー」です!

スマートフォンアプリから「走る!」「曲がる!」「止まる!」


bCoreレーサーキットはスマホと通信するための小さなコンピュータ「bCore MX」と、まっすぐにしか走らないミニ四駆を、左右に曲がれるようにするための「ステアリングキット」の2種類のパーツで構成されています。

1)小さなコンピュータ「bCore MX」とは?

「bCore MX」はbCoreレーサーの心臓部で、ミニ四駆のモーターをラジコン自動車のアクセルのようにコントロールすることができます。BLEモジュールと周辺回路を組み込んだ超小型基板で、誰もが簡単にスマートフォンなどからモーターを無線コントロールすることを目的に開発されたモジュールです。

bCoreレーサーの心臓部「bCore MX」


2)「ステアリングキット」とは?

まっすぐにしか走らない市販のミニ四駆を曲がるようにするための、完全オリジナル設計のパーツです。小型サーボモーターで舵角を変えることができ、ねじ止めなしに簡単に取り付けることができます。

左右に曲がるための「ステアリングキット」

これら2つのパーツを市販のミニ四駆に追加することで、スマートフォンアプリから無線操作をすることができるようになります。もちろん、組み立てにはハンダ付けやプログラミングなどは一切不要です。簡単な組み立て作業で、お持ちのミニ四駆をラジコン化できます!

※ステアリングパーツの取付けにより、車種によりボディ(外装)およびシャーシの加工が必要となる場合があります。

※対応するシャーシは「SuperⅡシャーシ」「MAシャーシ」です。


3)ヘッドライトが光る!

今回のbCoreレーサーキットにはLEDヘッドライトセットが含まれます。bCore MXからLED製のヘッドライトを制御することができ、点灯消灯はアプリからコントロールできます。薄暗い場所でのナイトレースなど、さらに気分が盛り上がるギミックです!

※ミニ四駆の外装にヘッドライト用の穴を開けるなどの加工が必要です。


1)自由自在にどこでも走れる

ミニ四駆のコースから飛び出し、ラジコンカーのように自由に走らせることができます。ぜひ皆さんのお部屋やオフィスなどでレースを楽しんでください。


2)スマートフォンアプリから簡単操作

操作はスマートフォンのアプリで行います。直感的な操作が可能で右手でアクセル、ハンドルのように左右に傾けてステアリングを切ります。

右手で前進後退の操作

ハンドル操作は左右に傾ける

スマートフォン用のアプリは、iOS用は「bDriverMX」、Android用は「bCore Driver MX」をそれぞれ用意しています。もちろん無料でダウンロードできるアプリです。

iOS用「bDriverMX」 Android用「bCore Driver MX」


3)簡単に組み立てることができ、ミニ四駆本来の拡張性を損なわない

bCore MX基板は、モーターとシャーシの間に専用のフレキ基板を挟み込むことにより取り付けることができ、シャーシを切ったり削ったりするような追加工の必要が無く、とても簡単です。

bCore MXを取り付けた状態

ステアリングキットはミニ四駆の前輪部分にねじ止めなしで取り付けることができ、複雑な改造なしに簡単にハンドルを切れるbCoreレーサーに改良することができます。

ステアリングキットを取り付けた状態


4)人気の2種類のシャーシに対応します(SuperⅡシャーシ、MAシャーシ)

ミニ四駆には、ベースとなる数種類のシャーシがありますが、bCoreレーサーは「SuperⅡシャーシ」と「MAシャーシ」に対応するキットをそれぞれ開発しました。どちらも車種が豊富で、人気のあるシャーシです。
※ステアリングキット追加で車体前部のボリュームが大きくなるため、車種によりボディ(外装)の加工は必要になる場合があります。

SuperⅡ、MAシャーシそれぞれにbCoreレーサーキットを組み込んだイメージ

*開発中の画像です

(市販のカスタムパーツ取り付け例)

bCoreレーサーは市販されているミニ四駆のグレードアップパーツの搭載を妨げることがありません。お好みのカスタマイズを楽しむことができます。

※改造用の強化モーターの変更はできません(bCore MXが過電流で故障する可能性があります)


1)リターンの内容

今回ご用意したリターンは下記の3種類です。皆さんが好きな車種や、お部屋で眠っているミニ四駆がbCoreレーサーに生まれ変わることを願っています。複数台のレースも盛り上がること間違いありません!

「bCoreレーサー」キットMAシャーシ専用

MAシャーシ専用のステアリングキット、bCore MX、LEDヘッドライトキットのセットです。

10%OFFの早割を限定10個用意しています。

※ミニ四駆本体は付属しません。

②「bCoreレーサー」キットSuperⅡシャーシ専用

SuperⅡシャーシ専用のステアリングキット、bCore MX、LEDヘッドライトキットのセットです。

10%OFFの早割を限定10個用意しています。

※ミニ四駆本体は付属しません。

③「bCoreレーサー」キット 2セット (MAシャーシ専用×1、SuperⅡシャーシ専用×1)

MAシャーシとSuperⅡシャーシのステアリングキット、それぞれ1セットずつとbCore MXが2個、LEDヘッドライトキットが2セットのお得なキットです。2種類のシャーシを楽しめますし、単体で支援するよりもお得です。

さらに15%OFFの早割を限定10個用意しています。

※ミニ四駆本体は付属しません。


2)発送スケジュール

すでにbCoreレーサーの試作品は完了しており、現在動作テストや不具合のチェックを行っている状況です。7月中旬にクラウドファンディングが終了すると同時に、量産を開始し、10月までに支援者の皆さんに発送することが可能です。


Q:組み立ては簡単ですか?小学生でも作れますか?

A:組み立てマニュアルや動画を用意いたしますので、誰でも簡単に作れます。小学生でも大丈夫ですが、ミニ四駆好きの親子で一緒に作って楽しむことをお勧めします。

Q:支援する前に一度動かしてみたい。どこかで体験できる機会はありますか?

A:クラウドファンディング期間中、タッチ&トライイベントを大阪と東京で予定しています。ぜひ参加してください。日時は別途告知いたします。

Q:他のシャーシに対応できるキットは登場しますか?

A:今のところはありませんが、皆さんのご要望により企画いたします。

Q:ベースのミニ四駆を加工せずにbCoreレーサーに改造できますか?

A:シャーシの切断や追加工は一切必要ありません。ただし、ステアリングキット追加で車体前部のボリュームが大きくなるため、車種によりボディ(外装)の加工は必要になる場合があります。


目標金額100万円は、bCore MX基板の量産、ステアリングキットの改良、試作、量産に活用します。
目標を達成することで、私たちが開発した新しいbCoreレーサーキットを再び量産し、ファンの皆さんにお届けすることができます。
大人も子供も夢中になること間違いなしのbCoreレーサーを私たちと一緒に創りませんか?
皆さんの熱い思いを待っています!


プレンプロジェクトと申します。プロジェクトページを最後までご覧いただきありがとうございます。

株式会社プレンプロジェクト

プレンプロジェクトは2004年に設立した大阪のロボット開発企業で、今回起案した製品の他にも様々なロボット関連製品を開発、販売しています。中でも、最近注目されているプログラミング教育用のロボット教材に力を入れていて、それらは実際に教育機関と連携して開発しています。

プレンプロジェクトが開発しているロボット製品(PLEN:bit

今回のbCoreレーサープロジェクトは、普段私たちが製品開発で連携している「大阪ハイテクノロジー専門学校 生命工学技術科 AIロボット専攻」の学生たちの協力を得て開発を進めています。最新のAI、IoT、ロボットを学ぶ学生たちと、15年以上ロボット開発に携わるプレンプロジェクトが協力して開発したbCoreレーサーは、必ず皆さん満足いただける製品になります。どうかご支援よろしくお願いいたします!

未来を担う技術者集団 High-Robots

High-Robotsとは、大阪ハイテクノロジー専門学校AIロボット専攻3年生で結成されたチームです。人々の暮らしを支える人工知能やIoT機器の開発を通じて技術力を高め、ロボットコンテストや様々なプロジェクトに参加しています。今回、プレンプロジェクトと連携し、bCoreレーサーのプロジェクト起案や開発、量産を行っています!

GREEN FUNDINでこのプロジェクトを支援する



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: CrowdFunding, greengadget
129シェア
8
121
0

Sponsored Contents