Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル幹部、iPadOSでのSiri表示は控えめにすると約束。ただし今秋には間に合わず

iOS 13のボリューム表示は控えめになりました

Kiyoshi Tane
2019年6月11日, 午後01:30 in apple
41シェア
20
21
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

「Hey,Siri」で呼び出すと、iOSデバイスの全画面を覆い尽くしてしまうSiriの聞き取り中インターフェース。それまで何をしていたか分からなくなると不評だった本仕様が、iPadOSでは将来的に改善されるかもしれない可能性が報じられています。

iOS版より後から導入されたmacOS版のSiriは、起動すると画面の片隅に控えめに表示されます。つまりアップルとしても「全画面を覆わない方がユーザーにとって便利」だと認識していると推測されます。

ポルトガルのアップル関連情報サイトiHelp BRによると、ユーザーのJuliano Rossi氏の「iPadOSのSiriもMac上と同じように挙動を変更してほしい」との要望に対して、アップルのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長クレイグ・フェデリギ氏から次のようなメールが返信されたとのことです(以下、抜粋)。

「あなたが書かれたことは、確かに有益なフィードバックです。残念ながら、それは我々が最後の最後で追加することはできませんが、将来的には確実に検討します」


「最後の最後」とは、iPadOSの開発が終盤にさしかかっている今となっては、ということ。Siriの挙動はOSの根本レベルでいくつかの重要な変更が必要となるため、あくまで開発者やユーザーの意見を聞いて微調整するベータテストの現段階では間に合わないという意味でしょう。ともあれ、アップルがユーザーの声に耳を傾けているのは良い兆候です。

しかし、米アップル関連情報サイトMacRumorsは、アップルがユーザーからの声に応えるとしても、それには時間が掛かることがあると指摘しています。たとえばiOS 12以前では音量コントロールが画面の真ん中に表示されるのは邪魔だと長らく批判されてきましたが、iOS 13ベータ版ではようやく控えめになったと報告されています。が、それが公式にリリースされるのは今年秋のこと......というわけです。
ちなみに、iHelp BRは「こうなって欲しいiPadOSでのSiri」のコンセプト画像を公開(下図)。Mac版に準拠したコラージュ画像ですが、SiriがiPadの広い画面を覆い尽くすおかしさが改めて認識できます。
iPadOS
iPadOSではマルチタスクを強化したSplit ViewやApple Pencilのレイテンシ低減、Macのサブディスプレイ化するSidecarなど新機能が組み込まれていますが、シンプルな「Siriの聞き取り中インターフェース」が改善されないのは意外にも思えます。そうした基本的な仕様こそ、OSの根幹に関わるために変えにくいのかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: MacRumors
Source: iHelp BR
41シェア
20
21
0

Sponsored Contents