Sponsored Contents

Felicaの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneから確定申告が可能に、マイナンバーカード読取に対応へ

iOS 13ではNFC/FeliCaタグの読み取りがサポートされます

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年6月12日, 午前06:50 in Felica
755シェア
0
755
0
0

連載

注目記事


確定申告や児童手当の申請の際のICカードリーダーとして、iPhoneを利用できるようになります。日本経済新聞は、2019年秋以降にiPhoneでマイナンバーカード(個人番号カード)の読取が可能になる見通しだと報じました。この報道を受け、政府CIO補佐官を務める楠正憲氏は政府が対応に向けた準備を進めていることを認めています。

マイナンバーカードの読取はこれまで、パソコンで専用のICカードリーダーを使うか、NFC対応のAndroidスマートフォンを使って行うかの2通りの方法がありました。このうち、Androidスマホを使う方法では、対応スマホがGalaxyやAQUOS、Xperiaの一部機種などに限定されており、国内の多くのスマートフォンは非対応という状況でした。

iPhoneでは、今秋提供されるiOS 13にてNFC/FeliCaタグの読取を新たにサポートします。これにより、マイナンバーカードの読取機能が実現する目処が立ったことになり、日本政府はマイナンバーカードの読取アプリの開発に向けて準備を進めている状況です。iPhone向けのマイナンバーカード読み取りアプリが提供されれば、iOS 13搭載でApple Pay対応のiPhone(iPhone 7以降の機種)でマイナンバーカードが読み取れることになります。iPhoneは日本で半数近くの販売シェアを獲得しているため、iPhoneの対応により、市場に存在するマイナンバー読み取り対応スマートフォンの数は格段に増加することになります。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Nikkei
関連キーワード: Felica, ID, iPhone, mynumber, NFC
755シェア
0
755
0
0

Sponsored Contents