Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

Nokia 3.1 A/3.1 Cは米キャリア向けの廉価スマホ

米国向けです

17シェア
0
17
0
0

連載

注目記事



ノキアブランド端末を開発/製造するHMDグローバルは、新型スマートフォン「Nokia 3.1 A」「Nokia 3.1 C」を発表しました。これらのスマートフォンは、アメリカ向けに投入されることになります。

まず、Nokia 3.1 AとNokia 3.1 Cはその基本仕様に違いはなく、異なるのはカラーリングとその投入キャリアになります。なお、Nokia 3.1 Aは米AT&T向け、そしてNokia 3.1 Cは米Cricket Wireless向けの端末です。またノキアにはすでに「Nokia 3.1」というスマートフォンが存在しますが、今回の2機種は画面サイズやプロセッサ、RAMなどの仕様が異なります。

Nokia 3.1 AとNokia 3.1 Cは5.45インチ/HD解像度ディスプレイを搭載。プロセッサはSnapdragon 429でRAMは2GB、内蔵ストレージは32GB。背面カメラは800万画素でフロントカメラは500万画素となり、2990mAhのバッテリーを内蔵しています。OSはAndroid 9.0 Pieで、独自のスキンが採用されています。

Nokia 3.1 Aではブラックカラーが、そしてNokia 3.1 Cではホワイトカラーが登場。前者は6月10日から一部ウォルマートにて販売され、後者は6月14日からキャリアを通じて販売されます。本体価格は発売時に発表。6月10日に発売したNokia 3.1 Aは89ドル。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 91mobiles
Source: PR Newswire
関連キーワード: android, nokia, smartphone
17シェア
0
17
0
0

Sponsored Contents