Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

「米国向けアップル製品生産は全て中国国外に移せる」Foxconn幹部が発言(Bloomberg報道)

米ウィスコンシン州での工場建設は進んでませんが

Kiyoshi Tane
2019年6月12日, 午後05:20 in Apple
255シェア
0
255
0
0

連載

注目記事


Zhang Peng/LightRocket via Getty Images

iPhoneなどの製造を手がける台湾Foxconn幹部が、必要があれば米国向けのアップル製品生産をすべて中国国外に移すことができると述べたことが報じられています。

米トランプ政権は5月、中国原産の輸入品につき、スマートフォンを含む約3000億ドル(約33兆円分)に対して関税を10%から25%に引き上げると発表しており、6月末からアップル製品も影響を受ける見通しです。

そして米Bloomberg報道によると、Foxconnの半導体部門責任者Young Liu氏は投資家向けに「わが社の生産能力の25%は中国国外にあり、アップルが米国市場におけるニーズに応えることができるよう支援できる」と語ったとのことです。もっとも、まだアップルから中国国外に生産拠点を移すようにとの指示は出ていないとも付け加えています。

また、Liu氏は2年前に米ウィスコンシン州に生産拠点を構築する必要があると予見したように、同社は貿易戦争に迅速に対応し、各地の製造業に頼ることが可能だとしています。もっとも言及されたウィスコンシン州での施設は、今年2月の時点で同社は「建設を進める」との声明を発表したばかりで、記事執筆時点では現実の製造力を備えた存在ではありません。

その一方で、昨年末FoxconnはインドでiPhoneハイエンドモデルの生産準備をしていると噂され、今年4月には現地で今年中にiPhone(どのモデルかは言及せず)の量産を開始すると発表しています

アップル製品組み立て大手のひとつPegatronも今月からMacBookおよびiPadの生産をインドネシアで開始すると報じられていました

かつてBloombergは、アップルは米政府の対中関税が25%に引き上げられるまでは中国生産を維持し続ける。それ以上になれば生産拠点のシフトを検討するとの観測を伝えていました。アップル関連サプライヤーの各社は早い時期から米中貿易戦争の激化を織りこみ済みで、中国国外での生産拠点の確保を進めているようです。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Bloomberg
関連キーワード: apple, bloomberg, china, foxconn, iphone, trump
255シェア
0
255
0
0

Sponsored Contents