Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

Googleドライブとフォトの自動同期が7月10日に停止。操作の単純化が狙い

たしかに関係性が複雑でした

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年6月14日, 午前10:30 in personal computing
92シェア
31
61,"likes":57
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

Googleは、GoogleドライブとGoogleフォトの同期機能を7月10日に停止すると発表しました。7月10日以降は、それぞれ別々の管理となります。この変更、現在の両サービス間の連携がわかりにくいとのフィードバックを受けてのもの。このため自動同期をやめ、操作の単純化を図るとのことです。

現在の仕様は確かにわかりづらく、たとえば、Googleドライブにアップロードした写真は、自動的にGoogleフォトでも表示可能ですが、Googleフォトで編集した内容はGoogleドライブには反映されません。また、同期している写真は、どちらかのサービスで削除すると両方から削除されます。

Googleフォトに高画質でアップロードすればストレージ容量は消費しませんが、Googleドライブにアップロードした場合には容量を消費するのもわかりにくい点です。

もちろん、現状でも同期を行わない設定は可能なのですが、この設定もGoogleドライブ、フォトの両方にあり、理解しにくくなっている印象です。

これらのわかりにくさが解消されるのであれば、自動同期という利便性は失われますが、それ以上に、メリットのほうが大きいと言えそうです。

なお、7月10日より前にアップロード・同期していたものはそのまま残るとのこと。また、7月10日以降、GoogleフォトにGoogleドライブから写真を選んでコピーできるメニューが追加されます。この場合、同期ではなくコピーなので、写真はそれぞれのサービスで別々に管理されるようです。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

92シェア
31
61,"likes":57
0

Sponsored Contents