Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

就寝前におすすめ。iPhoneの画面をもう一段階暗くする方法:iPhone Tips

暗い場所でも目に優しく

61シェア
7
54
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

iPhoneは画面を一番暗くした状態から、さらに暗くできることをご存知ですか? 映画館のような暗い場所や、目を疲れさせたくない就寝前など、スマホの明るさをなるべく抑えたいときに便利です。今回はその設定方法を解説します。

Gallery: white point | 5 Photos

5

ホワイトポイントを調節する

まずはホワイトポイントを調節して、自分に合う明度にしましょう。「設定」アプリを開き、「一般」から「アクセシビリティ」と進みます。

iPhone Tips
▲「設定」アプリを開き、「一般」をタップ(左)。次に「アクセシビリティ」を選びます(右)

「ディスプレイ調整」をタップしたら、「ホワイトポイントを下げる」をオンにし、スライダーを動かして明度を調節します。

iPhone Tips
▲「ディスプレイ調整」をタップ(左)。「ホワイトポイントを下げる」を有効にし、スライダーで明度を調節します(右)

ホワイトポイントを下げると明るさの上限と下限の幅が狭くなります。「ホワイトポイントを下げる」を有効にしている場合、画面の明るさを調節や自動調節機能はその明度の範囲内で適用されることになります。

「ホワイトポイントを下げる」をショートカットに追加する

「ホワイトポイントを下げる」機能は、ホームボタン/サイドボタンのショートカットに追加できます。

「設定」アプリを開き、「一般」、「アクセシビリティ」、「ショートカット」とタップ。次に表示された項目から「ホワイトポイントを下げる」をタップしてオンにします。ホームボタン/サイドボタンをトリプルクリックすると、機能をオン/オフにできるようになります。

iPhone Tips
▲「設定」アプリを開き、「一般」 「アクセシビリティ」 「ショートカット」の順で進む(左)。「ホワイトポイントを下げる」をタップしてオンにしましょう(右)

このとき、他の項目をタップして複数の機能を割り当てることも可能です。複数の機能を選んだ場合、ホームボタン/サイドボタンをトリプルクリックすると割り当てた機能が表示されるので、オン/オフにする機能を選択しましょう。

iPhone Tips
▲複数の機能を割り当てた場合は、オン/オフにする機能を選択可能です




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: bedtime, display, iphone, iphone tips, tips
61シェア
7
54
0

Sponsored Contents