Sponsored Contents

5gの最新記事

Image credit:
Save

2020年iPhoneは「5G」対応。画面サイズは5.4/6.1/6.7インチとの有名アナリスト予測

新型4インチiPhoneの予測はナシ

Kiyoshi Tane
2019年6月18日, 午後12:20 in 5G
70シェア
0
70
0
0

連載

注目記事


有名アナリストが2020年のiPhoneにつき、「3機種のうち2つは5G対応」などの予測を発表したことが報じられています。

米アップル関連情報サイト9to5Macによると、アップル製品のインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏はiPhone2020年モデルについての報告書を発表。その中では来年遅くに初の5G対応iPhoneが発売となり、3モデル全てがOLEDディスプレイを搭載すると述べられているとのことです。

2020年モデルの画面サイズは、それぞれ6.7インチ、5.4インチ、6.1インチになると予測。このうち6.1インチはiPhone XRの後継機であり、エントリーモデルに位置づけられるもの。6.7インチ(iPhone XS Max後継機)および5.4インチ(iPhone XS後継機)の2つは5Gがサポートされる一方で、6.1インチはLTEのみ対応とされています。

初の5G対応iPhoneが2020年に出るとの予測は、これまで様々な方面から報じられてきました。また3機種ともOLEDおよび画面サイズの構成については、今年4月の台湾DigiTimes報道とおおむね一致しています。

iPhone2018年モデルでは最小サイズが5.8インチ(iPhone XS)となり小型デバイスを好む向きからは戸惑いの声が上がっていましたが、5.4インチという大きさは「iPhone 8(4.7インチ)以上でiPhone 8 Plus(5.5インチ)以下」といったところ。その一方、iPhone XS Max後継機は6.5インチから6.7インチに大型化し、画面の広さを優先するユーザーから歓迎されそうです。

2020年モデルの5G対応モデムチップは、先日和解したクアルコム製が採用されると見られていますが、Kuo氏によればアップルは5Gモデムチップの自社開発を進めており「2022年までは準備ができていない」、すなわち2023年以降に採用との見通しが述べられています。

今年秋にリリースと思われるiPhone2019年については、インテルのモデムチップが引き続き使用されるとのこと。クアルコムとの和解までに、2019年モデル用のパーツ供給は急増していた(すでに納品済み)だったと推測されています。

2020年モデルは5G対応のほか、レーザー式3Dカメラ搭載によるAR機能強化など革新的な機能が盛り込まれるというのがもっぱらの噂。対して2019年モデルはAirPodsなどをワイヤレス充電できる機能や屋内での位置検出精度がアップ、バッテリー容量の増加などマイナーチェンジの趣が強い予測が届けられており、今年のiPhone買い換えは"待ち"とする人も少なからずいそうです。






無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: 9to5Mac
70シェア
0
70
0
0

Sponsored Contents