Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

ドラクエウォークβ感想 ソシャゲのガチャ要素濃いがポケGOとは違う魅力も

「メガモンスター」とうばつは盛り上がりそうですね

Engadget JP Staff, @engadgetjp
2019年6月18日, 午後05:00 in App
74シェア
15
59
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

スクウェア・エニックスは6月3日に、スマホゲーム「Dragon Quest Walk(ドラゴンクエストウォーク)」を2019年内に配信すると発表。6月11日から、関東圏でiOSとAndroidで各1万名ユーザーを対象としたβ版体験会を実施しました。


発表時に公開された現実世界とドラクエが交差するイメージビデオを観て、「ポケモンは世代的にピンと来なかったけど、ドラクエは胸熱!」と感動。しかし、「早くプレイしたかったのに、β版体験会に参加できなかった〜〜」という方も多いのでは?

Engadgetにも多数のゲーム関連の記事を寄稿している岡安学さんが幸運にもβ版体験会に参加しているようで、スクショをTwitterやInstagramに投稿しています。本記事では岡安さんの動向を紹介しつつ、「Dragon Quest Walk」がどんなゲームなのかを探っていきます。

どんな世界観なの?



まずはキャラメイク。男女の選択から髪型、髪色、肌の色などを選択可能。最初に操作できるキャラクターは1人のみですが、ゲームを進めるとNPCの仲間が増えてパーティーが賑やかになります。

Engadget
武器や防具は「ふくびき」をすることで入手可能。レアリティは5段階あり、β版体験会では最高レアリティの「★5」装備は7.0%で提供されます。ふくびきを回すのに必要な「ふくびき補助券」は、ミッションをクリアしたり、ログインボーナスだったり、何かしらのボーナスで貰えます。岡安さんによるとβ版体験会では10連ふくびきに必要なふくびき補助券100枚は結構簡単にたまったそうです。

ふくびきは「ジェム」でも回すことができます。このジェムはゲームを進行することで貰えますが、購入することもできます。いわゆる課金の石ってことです。

ゲーム運営のキモとなる課金要素なので、正式版の提供率や福引きふくびき補助券の入手難度は正式ローンチ後どれほどの塩梅になるのか気になりますね。

また、工房で武器の強化も可能。レベルをあげると攻撃力が上がるだけでなく、スキルや呪文が使えるようになるそうです。


▲10連ふくびきの様子。ぴょこぴょこ移動するスライムの様子が超かわいいです

東京で冒険してみました

Engadget
プレーヤーの位置情報とマップが連動しており、東京タワーなどのランドマークがスポットとして登場します。マップ上のモンスターをタップするとバトル開始。「こうげき」「スキル」「どうぐ」「ぼうぎょ」といったコマンドを選択して戦います。ポチポチ押すのが面倒くさいですが、「オートバトル」を押すことで自動で処理してくれます。


マップ上にはモンスターの他にも「ツボ」などのオブジェクトが配置されており、タップすると回復したりアイテムを獲得したりもできます。このほか、ダンジョンも用意しているとのこと。



▲ドラクエの世界観や外せない要素がしっかりと位置情報ゲームに落とし込んでありますね

レイドバトルみたいな要素も!

Engadget
「メガモンスターとうばつ」という特別な戦闘では、最大12人が参加してメガモンスターという強力な敵と戦います。ポケモンGOでいうレイドバトルのようなものです。ポケGOでは戦闘したポケモンをゲットできますが、「Dragon Quest Walk」では貢献度(与えたダメージ)によって「ぼうぐ強化石」などのアイテムが貰えます。

「Dragon Quest Walk」の期待度は

Engadget
β版体験会は6月16日に終了しました。以降の太文字は岡安さんがTwitterに投稿したドラクエウォークの感想です。あくまでもβ版体験会の状態なので、ローンチ後はどういったゲーム体験になるのかに期待したいですね。


同じ位置ゲームとしてポケGOと比較されるけど、ポケGOは3年掛けて今の状態になったし、紆余曲折あったから、単純に比較するのはなぁ。とは言え、それと勝負するのが後発ですしね。とりあえずドラクエウォークは地図を使っているけど、その場所である意味はないかな。

ポケGOだと初期はポケモンの巣とかあって、その場所に大勢集まったし。ランドマークがどう絡んでくるかだなぁ。あと、ポケGOやIngressの良いところって、人によって遊び方が変えられるところ。図鑑埋め勢とか、ジム防衛勢とか。

ドラクエウォークは、今のところやること一緒になりそう。『マイクラ』とかもそうだけど、この手のはやることの自由度は高い方がいいかなぁ。あと、ポケGOの課金アイテムの良いものの代表格はルアー。自分だけでなく、周りの人も恩恵を得られるのは良かった。

ドラクエウォークの課金システムは、いわゆるソシャゲのガチャそのものだからなぁ。カロリーの低い代わりに多くの人がやってしまう課金があっていると思うんですけどね。

あとはメガモンスター以外で他のプレイヤーとの関わりが欲しいかなぁ。まあ、ポケGOもしばらくはソロゲームだったし、未だにソロで遊んでいる人もいるのでマストではないですが。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

74シェア
15
59
0

Sponsored Contents