Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

東京五輪チケット当選で資金繰り難民が大量発生?6月20日以降に確認すべきこと

「 五輪チケットあります!」がSNSで横行するかも

神田 敏晶(Toshiaki Paul Kanda), @knnkanda
2019年6月20日, 午前06:00 in Internet
169シェア
42
127
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
いよいよ本日、 2019年6月20日(木)に東京五輪チケット抽選販売の結果が発表される。購入できるのは2019年7月2日(火)まで。今日を含めた13日の間に支払いを終えなければ当選は無効となってしまう。つまり、まずは資金を用意しておく必要がある。クレジットカードで支払う場合、「Mastercard」や「JCB」ブランドのカードは使えず、スポンサーである「VISA」ブランドのみとなる点にも注意したい。また、現金でのコンビニ振込みの場合は手数料432円(税込)が必要となる。

チケットに当選された場合は、詐欺サイトなどの登場も想定されるので、必ず下記の公式サイトにアクセスし、ログインしたうえで確認いただきたい。

東京2020公式チケット販売サイト

当然、結果発表当日となる6月20日はアクセス過多による混雑が予想されるので、深夜や翌日以降などの空いているであろう時間帯を狙うといいだろう。


万一、すべてのチケットが当たってしまったら支払いはどうする?

tokyo2020

筆者は、開会式や、各競技の決勝戦などのチケットを複数申し込んでいる。当然、観戦したい人が多いと予想できるので当選確率は低いかもしれないが、当然、申し込まなければ当たらない。大多数の人が筆者のようにどれか当たればよいと思い、多めに申し込みをしているのではないだろうか。 しかし、万が一、すべてのチケットで当選してしまった場合のことも考えておきたい......。すべてのチケットが当たってしまったら、支払いに困る方もおられるだろう。筆者もすべての申込みが当たったら、実はやばい!

どういうことかというと、当選したチケットの一部のみを購入するという選択は無いからだ。全て購入するか、すべてキャンセルするかの2択なのである。どうしてこんな方式にしてしまったんだろうか?

必要な枚数しか申し込まない、観たいものしか申し込まない、そんな仮説があったのかもしれないが、どうせ当たらないだろうとか、とりあえず申し込みだけしておこうとか、当たってから考えようとか、人は楽観的に考えるもの。その結果、大量のキャンセル、もしくは行ける人募集がSNSを賑わすのではないかと筆者は考えている。

筆者のケースに話を戻そう。筆者が申し込んだチケットの中でも特に開会式はかなりの倍率になるだろう。当選したならば素直に嬉しい! 世紀のイベントの舞台演出を新スタジアムで生観戦できるのだから......。ただ、一番安い席でもチケットは1枚5000円だ。当然、各競技の決勝戦なども多めに申し込んでいる。

つまり何が言いたいかというと、あまりにもたくさん当たりすぎてしまうと、資金難で苦しむことが想像できるのだ。

支払いは2019年7月2日(火)までの13日間に『全額』を振り込まなければならない。「チケットが取れたので一緒にいきましょう」とお友達をお誘いすればなんとかなりそうではあるが、資金難の場合は、友だちにチケットを渡す前に、クレジットカードの請求がある前に、チケットぶんの現金を友人から回収する必要がある。チケットの現物がないのにだ。少し大げさかもしれないが、こういった『オリンピックチケット当選資金難民』の登場も想定される。

tokyo2020

さらに加えると、「東京2020大会オリンピック観戦チケット」は転売禁止だ。だから、メルカリやヤフオクで......なんてワケにはいかない。また、法的にも2019年6月14日(金)にチケット不正転売禁止法が施行されているため、不正転売が発覚した場合、1年以下の懲役、100万円以下の罰金、またはその両方が科せられることになる。
※転売チケットに関してトラブル等があれば消費者ホットライン 188 まで

そんなわけで泣く泣くチケットをキャンセルする場合は、東京2020公式チケット販売サイトで、マイチケット>申込み履歴>詳細>申込み取り消しと進めばいい。

友人と一緒に観戦するには、マイチケットから「名義変更」の必要あり。ただし......

友人・知人へのチケット譲渡には名義変更をする必要がある。東京2020公式チケット販売サイトにて開催当日まで変更が可能だ。チケットの額面を超えた金銭又は利益を受け取ってしまうと「チケット不正転売禁止法」に該当してしまうので注意してほしい。

tokyo2020▲東京2020公式チケット販売サイトのマイチケットから名義の変更が可能。抽選が終わるまではシステムメンテナンス中とされている

さて、肝心のチケットについてだが、3つのパターンが用意されている。スマホなどの画面に表示させる「モバイルチケット」と紙に印刷して利用する「Print@Home」、そしてチケットを発行してもらう「紙チケット」(紙チケットのみ、1枚あたり324円の発行手数料と1件あたり864円の配送料が別途必要になる)。いずれの場合もチケットを入手できるのは2020年5月以降とのことだ。

それまでの間は手元にチケットがないわけで、友人・知人へチケットを譲渡するとしても受け渡しのタイミングがなかなか難しい。かといっておよそ1年ずっと立て替えるというのもなかなか辛い......。

tokyo2020

2020年春からの「公式リセールサービス」の繰り上げ開始に期待したい

東京2020では、観戦チケットを購入したがなんらかの理由で観戦できなくなった人のために「公式リセールサービス」が設置される予定だ。

ただし、公式リセールサービスの開始は2020年春からというのんびりした対応。リセールが成立した場合は出品者が成約手数料を負担するそうだが、手数料の金額も現時点ではわからない。まもなくチケットの販売が始まるわけで、この辺りの整備も早急に進めて欲しいところである。

そんなわけで、チケット当選はうれしいけれども、当たりすぎてしまうとキャンセルせざるを得ない、そんな状況が散見されるのではないだろうか。そもそも代金の支払いをチケット発行の一か月前とかにするのは無理だったのだろうか? いずれにせよそんな状況を見据え、Visaは"オリンピックチケット貸付サービス"のようなことをすべきだったのではと筆者は考える。リボルビング払いに誘いこむ千載一遇のチャンスなのだから......。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: internet, olympics, services, tickets, Tokyo2020
169シェア
42
127
0

Sponsored Contents