Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ポケモンGO:No.157 バクフーン入手方法・色違いと対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

金銀ポケモン顔役の1匹

22シェア
7
15
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

最先端のモバイルARと、世代を超えて人気のポケットモンスターが融合したポケモンGO。久々にポケモンを遊ぶ元トレーナーや、これが初めてのポケモンゲームというかたに向けて、要点だけをまとめた大人向け「ポケモン図鑑」です。

今回のポケモンはリザードンと種族値やCPが同じポケモン「バクフーン」。

pokedex

「大人のポケモン再入門ガイド」一覧ページはこちら

EngadgetEngadget
No.157 バクフーン

全国図鑑番号: No. 157 (ジョウト地方・第二世代)
初出:『ポケットモンスター 金・銀』(ゲームボーイ 1999年)
分類:かざんポケモン
英語名:Typhlosion

図鑑の解説

「灼熱の炎で周りに陽炎をつくりだして姿を隠すことができる。燃えあがる爆風はすべてを焼き尽くすぞ。」

ゲーム内データ

進化:ヒノアラシ(ヒノアラシのアメ25個)マグマラシ(ヒノアラシのアメ100個)バクフーン
色違い:あり
タイプ:ほのお
天候ブースト:晴天
弱点:いわ・じめん・みず(×1.6)
耐性:くさ・こおり・フェアリー・むし・はがね・ほのお(×0.625)
種族値:HP186・攻撃223・防御173

バクフーンの入手方法(2019年6月時点):

・ヒノアラシ、マグマラシからの進化
・ヒノアラシが2kmたまごから孵化
・野生で稀に出現

バクフーン対策ポケモン:

番号 名前(おすすめ技の例)

445 ガブリアス(マッドショット / じしん)
130 ギャラドス(たきのぼり / ハイドロポンプ)
382 カイオーガ(たきのぼり / ハイドロポンプ)
373 ボーマンダ(かみつく / ハイドロポンプ)
149 カイリュー(ドラゴンテール / げきりん)

バクフーンの弱点は「いわ・じめん・みず」タイプ。弱点を突くわざを持つなかでも攻撃値の高いガブリアス、ギャラドス、カイオーガがおすすめです。この3匹はバクフーンのほのおタイプの攻撃に耐性もあります。

またボーマンダ、カイリューは弱点タイプの攻撃でなくても攻撃種族値が高く、かつ、 バクフーンのほのおタイプの攻撃にもくさタイプの攻撃(ソーラービーム)にも耐性があるため、優位に闘えます。

ポケモンGO:No.373 ボーマンダ入手方法と対策
ポケモンGO:No.149 カイリュー 入手方法と対策

バクフーンのバトル評価:良

攻撃の種族値が高く、ほのおタイプのアタッカーとして活躍できます。特にコミュニティ・デイ限定の「ブラストバーン」は強力です。

ただしほのおタイプのアタッカーとしては、伝説のポケモンならばファイヤーやエンテイ、それ以外でも育成しやすいブースターや、複合タイプならバシャーモ、リザードンなど、能力値・わざを含めてもっと優秀なポケモンがいます。

純粋にほのおアタッカーとして優先して育てるべきはそちらですが、バクフーンも決して貧弱なポケモンではなく、上位のポケモンが揃っていない・育っていない場合はほのおパーティーの一員として十分な働きをしてくれるはずです。

ポケモンGO:No.136 ブースター入手方法・色違いと対策

おすすめ技構成:

ひのこ(ほのお)/ ブラストバーン(ほのお)
ひのこ(ほのお)/ オーバーヒート(ほのお)
シャドークロー(ゴースト)/ ソーラービーム(くさ)

※「ブラストバーン」はレガシー技(現在は新規に覚えられない技)です

バクフーンといえば:

Engadget

『ポケットモンスター 金・銀』から登場しているポケモン。進化前の「ひねずみポケモン」ヒノアラシは、『金・銀』で最初に選べるポケモン3種、いわゆる御三家のうち「ほのお」担当でした(残りはくさのチコリータ、みずのワニノコ)。

初代御三家のほのお担当「ヒトカゲ」が進化した「リザードン」と種族値やCPが同じ。リザードンはほのお+ひこうの複合タイプなので、いわが二重弱点になってしまう一方、ほのおタイプが攻守ともに好相性なくさタイプやむしタイプが二重耐性でさらに得意という違いがあります。


名前のバクフーンはおそらく爆風+タイフーンから。英語名ではTyphlosion (台風 Typhooon + 爆発 Explosion)。



ポケモンGOでは2018年11月の「コミュニティ・デイ」イベントで、進化前のヒノアラシが大量発生。特別な技「ブラストバーン」を覚えることができました。

当日はコミュニティ・デイのボーナスと同時開催イベント「ほしのすなウィーク」のボーナスが複合してほしのすな4倍という大盤振る舞いだったため、サーバー混雑で2時間延長になるほどの大盛況でした。

進化前のヒノアラシは、通常時に頻繁に見かけるポケモンではありません。集めるのが困難なポケモンですが、進化後のバクフーンはほのおタイプの強ポケモンなので、進化させておきたいポケモンです。

最新のポケモンGOニュース一覧

Pokemon GO

ポケモン公式のタイプ相性表。ざっくり言うと「ばつぐん!」が約1.6倍。2タイプで両方が弱点(二重弱点)の場合は約2.5倍。(例:「こおり・ひこう」のフリーザーに対して「いわ」で攻撃)

耐性は「いまひとつ」が約0.63倍。「効果がない」はポケモンGOでは約0.4倍に軽減されるもののダメージが通ります。

pokedex




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 157, 157Typhlosion, pokedex, pokemon, Pokemon GO, pokemongo
22シェア
7
15
0

Sponsored Contents