Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

ファーウェイは三つ折りスマホも検討中? 画面が本体に巻き付く特許を出願

シャオミに続け?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年6月25日, 午前08:00 in Android
32シェア
0
32
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


中国ファーウェイが、三つ折りスマートフォンに関する特許を出願していたことが判明しました。

オランダ語テックサイトのLet's Go Digitalが発見した今回の特許では、スマートフォンの本体の両サイドに画面を折りたためる端末デザインが確認できます。また、ベゼルが上に存在するもの、下に存在するもの、そしてまったくのベゼルレスデザインも検討されているようです。

イラストの折りたたみスマートフォンでは、本体幅と比べて3倍の幅のディスプレイが搭載できることになります。これは、すでに発表済みのファーウェイの「Mate X」や韓国サムスンの「Galaxy Fold」を上回る面積です。ただし、画面同士が重なる機構はそれなりに開発が難しいことも予測されます。
Huawei Foldable Smartphone

このような三つ折りスマートフォンは、すでに中国シャオミが動作するデモ端末を公開しています。本体両サイドにディスプレイがカーブして折れ曲がるデザインは実に美しいのですが、折りたたみ機構を2箇所搭載する難易度が気になるのも事実です。

なお、Galaxy Foldがディスプレイ関連の問題で発売が延期されているのと同じく、Mate Xも「同じ轍を踏まない」ために投入が先送りされています。今回のアイディアも、まずは二つ折りのスマートフォンの製造技術が確立された後に、いずれ市場に投入されるのかもしれません。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: android, foldable, huawei, patent, smartphone
32シェア
0
32
0

Sponsored Contents