Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iOS 13を先行体験する方法、パブリックベータは誰でも試せます

※サブ機での試用を強くオススメします

小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年6月25日, 午前08:05 in Apple
747シェア
0
747
0
0

連載

注目記事


アップルが本日(6月25日)に公開したiOS 13のパブリックベータを早速iPhone XSにインストール。秋に正式リリースされるiOS 13の新機能をひと足早く体験してみました。本記事ではパブリックベータ版の導入方法についてご紹介します。

※パブリックベータは開発途上のバージョンであり、秋にリリース予定の正式版とは異なる挙動を示す場合があります。重要なデータが入っている場合は導入前に必ずバックアップをとりましょう。万が一に備え、メインの端末ではなく、データが消えても問題のないサブ機での試用を強くオススメします。

パブリックベータをインストールするには、まずApple Beta Software Programにアクセスします。ここでApple IDを登録すると、プロファイルをインストールできるようになります。

engadget
Apple Beta Software Programにアクセス

engadget
▲Apple IDを登録する

engadget
▲パブリックベータの導入ガイド、文中にある「お使いのiOSデバイスを登録」をタップ

engadget
▲プロファイルをダウンロードし、設定画面からインストールする

engadget
▲プロファイルのインストール画面

プロファイルのインストールが完了すると、iOS 13のパブリックベータ版をダウンロードできるようになります。なお、ファイルサイズは3GBを超えており、Wi-Fi環境は必須でしょう。ダウンロードが完了するとインストールできます。30分以上を要したので、時間に余裕がないと厳しいでしょう。

engadget
▲設定からソフトウェア・アップデートを確認するとiOS 13がDL可能に

無事iOS 13がインストールされました。パブリックベータ版ですが、短い試用の範囲では挙動は安定していると感じます。Googleストリートビュー的なApple Mapの新機能や、ダークモード、機能強化された写真アプリなど、iOS 13の新機能をひと足早く体験できます。

engadget
▲iOS 13のダークモード


engadget
▲地図アプリも刷新され、Googleストレートビュー的な機能も実装された

engadget
▲写真アプリも刷新。重複した構図の写真は自動で非表示にできるほか、フォトアルバムも強化され1日や1週間の思い出を振り返りやすくなった。動画編集機能も新たに実装している。


関連

iOS 13およびiPadOSのパブリックベータが公開に。ひと足先に試せます
「iOS 13」でiPhoneはどう変わる? 基調講演で明かされなかった新機能も




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, ios13
747シェア
0
747
0
0

Sponsored Contents