Sponsored Contents

5gの最新記事

Image credit:
Save

インテル、モデム関連の知的財産権をオークションで売却へ。5G関連特許も含む

アップルが買収に動く?

Kiyoshi Tane
2019年6月26日, 午後12:45 in 5G
93シェア
0
93
0
0

連載

注目記事


アップルがクアルコムと電撃的に和解した直後、スマートフォン向け5Gモデム事業からの撤退を発表したインテル。これに続いて、同社がモデム関連の知的財産権を競売に掛ける見通しが報じられています。

今月半ば、インテルはドイツのモデム事業をアップルに売却を協議中と伝えられていました。今回の報道は、同社がスマートフォン向けモデム事業そのものから撤退する動きをさらに強く推測させるものです。

知的財産権ビジネスに詳しい海外メディアIAMによると、インテルは自社の特許ポートフォリオから8500もの資産を売却しようとしているとのこと。これには3G、4G、5Gの携帯通信規格に関連する6,000件の特許と、ワイヤレス実装技術に関する1,700件の特許が含まれています。

こうした知的財産権の競売は、同社のスマートフォン向けモデム事業の売却とは別々に進められているとのこと。ただし、IAMはインテルが特許ポートフォリオを売却するという決定が、モデム事業全体への関心を高める戦略の一部である可能性も指摘しています。要するに両方とも手に入れようとする各社が、より高値を付けるよう狙っているというわけです。

たとえばアップルがインテルの特許およびモデム事業の両方を買えば、iPhone向け独自モデム開発にとって大きな足がかりになる可能性があります。有料テックメディアThe Informationはアップルの自社製5Gモデムチップの準備は2025年までかかる見通しと報じていましたが、もしもアップルが2つとも入手すれば、時計の針が少し早回しになるのかもしれません。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: MacRumors
Source: IAM
関連キーワード: 5g, 5gmodem, apple, intel, iphone, modem
93シェア
0
93
0
0

Sponsored Contents