Sponsored Contents

artの最新記事

Image credit:
Save

「ストレンジャー・シングス」S3製作時にダファー兄弟が影響を受けた日本のゲームとは?「Netflixオリジナル作品祭」レポート

7月4日公開予定!

田沢梓門, @samebbq
2019年6月25日, 午後06:00 in Art
19シェア
0
19
0
0

連載

注目記事


6月25日マンダリン オリエンタル東京にて「Netflixオリジナル作品祭」が開催されました「ストレンジャー・シングス 未知の世界3」のトークセッションでは、ルーカス・シンクレア役のケイレブ・マクラフリンさん、ウィル・バイヤーズ役のノア・シュナップさん、マックス・メイフィールド役のセイディー・シンクさん、ダスティン・ヘンダーソン役のゲイテン・マタラッツォさんの4名が登壇しました。

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は、1980年代の小さな町ホーキンスを舞台に突然姿を消した少年ウィルの失踪事件と突如現れた謎の少女イレブンを巡って、少年達が事件解決の為に奔走するスペクタクル・アドベンチャー。シーズン3は7月4日に公開予定です。




初来日だった4人は壇上で以下のようにコメントしました。

Engadget
ケイレブ・マクラフリン
「シーズン3のルーカスはティーンエージャーの恋愛をしています。ちょっと成長して落ち着きを持ち始めましたのでそこに注目してほしいです。また、僕はスニーカーが好きなので日本に着いたら早速オニツカタイガーのシューズを買いました。」



Engadget
ノア・シュナップ
「ウィルは最初の頃は非常にシャイだったけど、裏の世界に行ったことで勇気を持ち始めていきます。ストレンジャー・シングスは魅力的なキャラクターが沢山いるのが人気の秘密だと思います。」


Engadget
セイディー・シンク
「作品に関わるみんなの仲が良くて、現場の雰囲気はまるでキャンプのような楽しさがあります。監督であるダファー兄弟は完璧な作品を目指して制作している素晴らしいクリエイターです。」


Engadget
ゲイテン・マタラッツォ
「仲良し4人組中で一番のお調子者だったダスティンは、今シーズンは少し自立した行動をするので注目してください。」

監督であるマット・ダファー、ロス・ダファー兄弟の日本のファンへのビデオメッセージも放映されました。

マット
「日本にもファンがいるなんて、夢みたいです!『ストレンジャー・シングス』はスティーブン・スピルバーグやスティーブン・キングの影響を受けていると言われていますが、実は日本の文化からも大きな影響を受けています。」

ロス
「僕たち2人は超オタクだから、子供の頃からアニメやゲームに夢中でした。『エルフェンリート』『AKIRA』『サイレントヒル』の3作品は作中のアップサイドダウン(裏の世界)を描くのにインスピレーションを受けました。今回のシーズン3は『バイオハザード』からたくさんインスピレーションを受けて製作しました。」

と日本のカルチャーがストレンジャー・シングスに影響を与えていたという言質を取ることができた基調なビデオメッセージでした。

トークセッションの後半には、ストレンジャー・シングスの大ファンを自認する映画監督の蜷川実花さんも登場。「ストーリーがすごく面白いのはもちろんですが、80年代の雰囲気を観られるのがとてもたのしい。あと、シーズンが進むごとに登場人物が成長していくのを見守れるのも大きなポイントです。」と作品愛を語り、4人のキャストと80年代のカルチャーについてトークを繰り広げました。



夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: art, av, entertainment, internet, netflix, video
19シェア
0
19
0
0

Sponsored Contents