Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

OneDriveにセキュリティを強化したPersonal Vaultフォルダを追加。有料プランの容量増加も

オーストラリア、ニュージーランド、カナダから開始

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年6月26日, 午後01:50 in personal computing
46シェア
11
35
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
Microsoftは6月25日(現地時間)、OneDriveの新機能「OneDrive Personal Vault」と、有料プランの容量アップについて発表しました。

まずOneDrive Personal Vaultですが、OneDriveのストレージ内に、保護された特別なフォルダを作成するもの。アクセスするには、生体認証や2要素認証など追加の認証が必要になります。

マイクロソフトは、パスポートや免許証などの身分証明や、車や家の保険書類など、重要なものを保管するに役立つとしています。また、これらの書類はOneDriveのカメラ機能で撮影することで、カメラロールを介することなく、直接Personal Vaultに保存が可能です。


One Drive

もちろん、モバイルだけではなくPCからも利用できます。Windows 10 PCでは、Personal VaultフォルダをローカルドライブのBitLocker暗号化領域に同期が可能です。PCを盗難・紛失したとしても、データ漏洩のリスクを抑えられます。

Personal Vaultは、オーストラリア、ニュージーランド、カナダでまもなく開始され、2019年の年末までに全世界で利用可能になる予定です。

もう一つの容量アップですが、月額249円のOneDiveプランの容量が50GBから100GBにアップされます。また、これまで1TBで固定だったOneDrive 365 Soloプランの容量が1TBから最大2TBまで段階的に追加可能となります。追加容量は200GBで月額1.99ドル、1TB追加するなら9.99ドル必要です。

OneDrive

100GBへのアップデートは間もなく展開開始。OneDrive 365 Soloのアップデートは、今後数か月以内に利用可能になる予定です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

46シェア
11
35
0

Sponsored Contents