Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

新型Mac Proは中国で製造。アップルは「最終的な組み立ては製造プロセスの一部に過ぎない」(WSJ報道)

旧Mac Proの「Made in USA」に懲りた?

Kiyoshi Tane
2019年6月29日, 午後12:30 in Apple
51シェア
0
51
0
0

連載

注目記事


2013年に発売された旧Mac Proは米国内で生産されていましたが、今年秋に登場予定の新型Mac Proは中国で製造されていると報じられています。

Wall Street Journal報道によると、関係者はアップルが台湾の受託製造サービス(EMS)大手のQuantaに新型Mac Proの組み立てを依頼しており、中国・上海近くの工場で生産を拡大していると語っているとのこと。多くの部品が上海周辺で製造されているため、部品の送料が節約できるとされています。

旧Mac Proはアップルが主要製品のほとんどの生産拠点を中国に移してきたなかで、ただ1つだけ米国内で製造されていたもの。2013年末に発表された当時も「Made in USA」がアピールされ、米テキサス州オースティンで製造されました。

しかし製造を始めてみると、組み立てに不可欠なネジが満足に調達できない状態に陥ることに。アップルが発注した米国内の工場では1日に1000本を作るのがやっとで、当初の出荷予定日から何度か延期され、結局ネジはすべて中国産に置き換えられていた逸話があります

WSJ報道につき、アップル広報は新型Mac Proは米国内で設計され、米国製の部品を使っていると強調。そして同社の製品には米国30州が関わっており、昨年は9000社を超える米国のサプライヤーに600億ドルを投じたと述べています。

その上でアップル広報は「最終的な組み立ては製造プロセスの一部に過ぎない」と述べ、同社の投資は米国で200万人の雇用を支えていると付け加えています。

米トランプ大統領は、以前もアップルに対して「対中関税の影響を避けたいなら、米国内で製品を作るべきだ」とツイート。米中貿易摩擦の着地点が見えない今、iPhoneを含め中国で製造して米国に輸入しているアップル製品への関税25%はますます現実味を帯びつつあります。

そうした状況下で、トランプ政権の意図に逆らって新型Mac Proを中国で製造するというアップルは、旧Mac Proでの苦い「Made in USA」経験によほど懲りているようです。新型Mac Proは約6000ドルもの高額商品だけに、対中制裁関税の対象となるリスクを背負ってでも、発売日や製品品質を優先する意図かもしれません。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, china, MacPro, macpro2019, tariff, trump
51シェア
0
51
0
0

Sponsored Contents