Sponsored Contents

youtubeの最新記事

Image credit:
Save

ガジェット系YouTuber「カズチャンネル」のカズさん、2019年下半期に1個しか買えないとしたら何をポチる?──単独インタビュー

NextUp Red Talkにて

田沢梓門, @samebbq
2019年6月30日, 午後08:50 in youtube
36シェア
0
36
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

9月に東京で開催される「YouTube NextUp 2019」に際し、「YouTube Space Tokyo」にてNextUp卒業生によるトークセッション「NextUp Red Talk」が開催されました。

NextUpとは、YouTubeの動画クリエイターを支援するプログラムのこと。コンテストを通過したクリエイターが動画制作のワークショップを受講でき、機材費のサポートも受けられるというものです。

Engadget

トークセッションにはガジェット系YouTuberのカズさん、ファッション系YouTuberのげんじさん、YouTubeで音楽活動などをしているあさぎーにょさんが登壇。YouTubeでの活動についてやNextUpでの経験についてトークを繰り広げました。

Engadget
カズさん ── ボクは2012年のプログラムに参加しました。意識高いYouTuberだらけだったから沢山の刺激を受けることができてとても良かったです。YouTubeでの活動をはじめたばかりの人は、時給換算とかはせずにどうテンションを上げて行くかが重要だと思います。

Engadget
げんじさん ── YouTubeのクリエイターツールに表示されていたお知らせを見てNextUpの存在を知りました。YouTubeのバックアップで動画作成のアドバイスが貰えると知って応募。プログラムでは、動画を作るマインドや方法を共有できるのは良かったし、動画作成をする時に案外初歩的なポイントを見逃していたことにも気づきました。合宿感や青春をしているなっていう雰囲気でしたね。

Engadget
あさぎーにょさん ── 私は音楽活動の一環で、MVをYouTubeに投稿しています。MVは1人でなく大勢の人が制作に関わっています。撮影をする時に私のイメージを色んな人に伝える為、NextUpで学んだ絵コンテの書き方などがとても役にたちました。NextUpみたいにプロの人から動画制作を教えて貰えるのは貴重な機会です。「家でカメラ1個だけで撮影しているから大丈夫じゃない?」と思うかもしれませんが、プロの世界を知ることで制作の幅が広がるはず。チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


▲NextUp Red Talkの模様はこちらで確認できます

YouTube NextUp 2019概要
・YouTube Space Tokyoまたは制作スタジオで 5日間にわたる集中的な動画制作ワークショップと撮影の機会 (日程は9月14〜16日、21〜22日)
・制作エキスパート、人気クリエイター、パートナーマネージャーによる教育ワークショップとスキル共有セッション
・機材費として20万円相当のクーポン
・YouTube コンテンツ パートナーシップ チームによる継続的サポート

応募資格
YouTube にチャンネルを持っていて、YouTube NextUp コンテストの応募要件(参加規約を参照)を満たしていれば、日本の NextUp 2019 に応募可能。応募要件は以下の通りです。

1)チャンネル登録者が1万人以上10万人以下であること
2)チャンネルが良好な状態(違反警告なし)であること
3)過去90日間に3本以上の動画をアップロードしていること

NextUp 東京 2019 申し込みフォーム
https://youtube.secure.force.com/EventRegistration/EventRegistrationPage?Id=Q0grYTA2MkUwMDAwMVB4TlNGUUEz

ガジェット系YouTuberカズさんの「買い」の美学に迫る

Engadget▲愛用のサムスンの最新スマホ「Galaxy S10+」を持って微笑むカズさん

というわけで、NextUp Red Talkイベント取材時にYouTuberのカズさんに個別インタビューをさせていただく機会がありましたのでその模様もお届けします。

──本日はお忙しい中ありがとうございます。ガジェットレビューを中心に活動されているカズさんですが、レビュー動画を作成する際のこだわりを教えてください

カズさん:「自腹で買う」「箱出し」の動画になるようにしています。近いジャンルのYouTuberドリキンさんもそうですけれども、自腹で購入した人の言葉は説得力がありますからね。あと、台本は作らないでサイトで主要スペックをメモする程度にしています。箱出しのリアルな感じを届けたいからです。

──箱出しだと機能や性能を見せる時に戸惑ったりしませんか?

カズさん:昔の無線接続のガジェットは最初の接続や設定が大変で。絶対手こずるわ〜って商品は箱から出して準備してましたね。だけど、最近レビューした「Google Nest Hub」は設定がとても簡単でスムーズに撮影が進められました。設定が簡単だと機械に慣れていない人でも扱いやすいですよね。いい時代になりました。

──最近お気に入りのガジェットを教えてください

カズさん:ゲーミングノートPCとiPad Proですね。最近のゲーミングノート、特にグラフィックスに「GeForce RTX2080」を搭載し始めてから本当に仕事で使えるなって思えるマシンが増えてきました。宿泊先でゲーム実況を収録して、その素材の編集もできちゃいますからね。自宅と変わらない作業環境を外出先で構築できるのは大きいですね。

──最近のゲーミングノートはコンパクトになってきたのもいいですよね

カズさん:そうです! 昔のゲーミングノートはACアダプターと本体を合わせると10kg超えで、持ち運びが本当にツラかった。今は本体2kg以下で、排熱性能も抜群だから本当に快適です。

──iPad Proはどういった用途で使ってますか?

カズさん:主に「少年ジャンプ+」で漫画を読んでます(笑)。あと「YouTube Premium」に加入しているので動画をダウンロードして、移動中に動画を観てます。

──「iPadOS」が搭載されると、クリエィティブ用途でも活用できそうですね

カズさん:データの取扱もしやすくなるし、マウス接続にも対応するので動画編集がしやすくなるかもしれませんね。普段、タブレットやスマホは最小ストレージのモデルを買っていますが、次のiPad Proは動画データを沢山入れる為にもうちょっと容量に余裕があるモデルを買いたいですね。

──カズさんが、ガジェットを購入する際のポイントはなんですか

カズさん:基本的にiPhoneやGalaxy、DJIのドローンや気になるカメラは買っちゃいますね。あと、ガジェット系のYouTuberさんの動画を参考にして気になったモノがあったら購入します。技適の関係で日本未発売の製品を輸入してレビューできないのは本当にもどかしいです。もし、ボクが議員になったとしら真っ先にこの技適の問題をなんとかしたいです。

──2019年下半期で購入したいガジェットは?

カズさん:まず、スマホは絶対「iPhone」。あと「Galaxy Note 10」、「Pixel 4」。"どんな性能なのかな"って気になるからフラグシップ機はマストで抑えたいですね。あと、新しいGoPro。あと、DJIは最近陸上ドローンやアクションカムも発売しているので見逃せないですね。あと1インチのアクションカムができてほしいです。できれば、ソニーさんから。気になったら買っちゃうので散財が続きそうです......。

──楽しい1年がまだ続きますね。では、もし奥さんにもう今年は1個しか買っちゃだめって言われたら何にしますか?

カズさん:う〜ん、iPhoneかカメラかで迷いますね〜。でもやっぱり、カメラかな。今年の秋に発表されるかもと言われている、ソニーの一眼α7 IIIの高感度モデル「α7S III」! 開発がめちゃめちゃ難航してるらしいですけど、発表されたら絶対ポチりますね。

──本日はありがとうございました。引き続きご活躍を楽しみにしています


ガジェットの話をするカズさんは本当にイキイキしていて、「買う」に対する侠気がひしひしと感じられたインタビューでした。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: creator, video, youtube, youtuber
36シェア
0
36
0
0

Sponsored Contents