Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ジョニー・アイヴのアップル退社はCEOが製品開発に無関心だから?クック本人は反論(WSJ報道)

iPhone Xのくだりは頷けます

Kiyoshi Tane
2019年7月2日, 午後12:00 in apple
51シェア
0
51
0
0

連載

注目記事


NOAH BERGER via Getty Images

アップルの最高デザイン責任者ジョニー・アイヴ氏は6月末に年内の退社を発表しましたが、その背景にはティム・クックCEOら経営陣との方向性の違いがあったと報じられています。

Wall Street Journalは、アイヴ氏と共に働いた人々やアップル幹部に近い人脈との1年以上の取材を元に、氏が退社に至った経緯を記事にまとめています。

アイヴ氏はアップルの共同創業者であり元CEOのスティーブ・ジョブズ氏とデザインに対する価値観を共有していました。その相互信頼の元でiMacやiPod、MacBookなど数々のヒット製品を送り出すとともに、ジョブズ氏復帰後のアップル製品のイメージを確立したことで知られています。WSJはアイヴ氏が未来的な概念をシンプルさと洗練を備えた実体に変換でき、ジョブ氏はそれらのアイディアにインスピレーションを与え、かつ編集者だったと表現しています。

そしてアップル経営陣とアイヴ氏との初期の亀裂が、ジョブ氏亡き後、クックCEOの元で初の新カテゴリー製品となる初代Apple Watchだったとのこと。アイヴ氏は何人かの役員達が反対するなか開発を強く主張し、新CEOとなったクック氏がプロジェクトを承認すると自ら開発に参加。ソフトウェアインターフェースチームとインダストリアルデザインを監督し、ほぼ毎日会議を開いて詳細を確認したと伝えられています。

Apple Watchをファッション製品として位置づけたかったアイヴ氏に対して、アップルの経営陣はiPhoneの延長として販売したいと希望。その結果は妥協で、349ドルの通常版と100万円以上する金バージョン(Apple Watch Edition)の2通り用意されることになりました。

そしてApple Watchの初年度での売上は1000万台。これは事情に詳しい人物によるとアップルの予測した1/4に過ぎず、何千もの金バージョンは売れ残ったそうです。

その後アイヴ氏はクック氏に、日々の管理責任から身を引きたいと語ったとのこと。そして2015年5月にCDO(Chief Design Officer)職についたアイヴ氏は、アップル本社に顔を出さなくなり、彼と直接に仕事をしたい社内スタッフにとっては破壊的な影響があったとされています。

アイヴ氏は毎月ソフトウェア設計者と「デザインウィーク」を開催し、iPhone Xでの作業につき話し合うと約束したものの、めったに出席せず。2017年1月に開発チームはロック画面からホーム画面への移行など複数の要素に関してアイヴ氏の承認を仰いだものの、求められた指導は与えられなかったとされています。

こうしたアイヴ氏の現場不在は、インダストリアルデザインチームの結束を揺るがすことになりました。そこでクック氏はアイヴ氏に日々の監督を再開するように頼み、その結果が陣頭指揮への復帰だったと思われます。

アイヴ氏はインダストリアルデザインチームとヒューマンインターフェースチームをアップルパーク(新社屋)の1つのオフィスにまとめ、新製品やソフトウェア機能をより迅速にプロトタイプ作成できる新プロセスを作成したと語られています。

しかし、クック氏はデザインチームのスタッフに会うことがめったになく、製品開発プロセスにほとんど興味を示さなかったとのこと。アイヴ氏は、アップルの取締役会がテクノロジーやその他の本業の中核部分ではなく、財務や事務管理しか実績のない重役によって牛耳られることに失望した--WSJは氏の退職の理由をそういう風に示唆しています。

が、このWSJ記事に対して、クック氏が米メディアNBCニュースの記者への電子メールという形で「馬鹿げている」と反論。具体的にどこがどう間違っているかは指摘していませんが「結論は現実と一致していない」「基本的なレベルでデザインチームの仕事やアップルの業務を理解していない」と完全否定しています。


クック氏はメールの最後で「ジョニーが言ったように、わが社のデザインチームはこれまで以上に強力だ」「チームが取り組んでいる製品は、あなたたちを驚かせるだろう」と締めくくっています。その言葉通りのサプライズな新製品が登場するよう、期待して待ちたいところです。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

51シェア
0
51
0
0

Sponsored Contents