Sponsored Contents

Personal Computingの最新記事

Image credit:
Save

米マイクロソフト、突如「Windows 1.0」を宣伝開始。ネット界隈困惑

次回アップデートに注目?

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年7月3日, 午前06:30 in Personal Computing
1225シェア
196
1029
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

米マイクロソフトがWindowsのInstagramアカウントの投稿を全てきれいさっぱり削除した後、なんとWindows 1.0を発表する動画を投稿しました。この動画はTwitterにも投稿され、それを見た人々はただただ困惑しています。

Windows 1.0といえば、マイクロソフトが1983年に発表、1985年11月20日に発売した、現在のWindowsのご先祖様。当時はコンソール環境のMS-DOS上で動作していました。当時主流のCPUだった80286のプロテクトモードに対応しなかったためにメモリー使用量上限が640KBに制限されていたり、それでも当時のPCにとっては負荷が大きく緩慢だったことから、発表時の期待感とは裏腹に発売後の評価は芳しくありませんでした。

公開された動画では、Windowsのロゴマークが現在のものから次第に過去のバージョンへとさかのぼって表示され、初代となるWindowsが最後に表示されます。そして投稿には「Introducing the all-new Windows 1.0, with MS-Dos Executive, Clock, and more!! 」の売り文句が。



またマイクロソフトは各種SNSアカウント全てのアイコンをWindows 1.0のロゴマークに切り替え、Twitterのヘッダー画像も当時の宣材写真(?)に差し替えられています。
Mirosoft

ここまでやっていることに対して、もしやハッキングではとの疑いもあるものの、それはアカウントが自ら否定しています。

ところで、なぜマイクロソフトはこのタイミングで若干黒歴史とも言えるWindows 1.0を大々的にフィーチャーしだしたのでしょう?Windows 1.0は今年34周年...では収まりが悪いし、かつての人気OSをいまオープンソース化...と言われたとしても誰得な話です。もしかすると、スマートフォンアプリとしてWindows 1.0を提供...されたとしても、小さな画面でWindows 1.0を操作するのは至難の業でしかありません。

SNS界隈や一部メディアは、7月4日に配信が開始になるNetflixの人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン3の舞台が1985年なので、それとのタイアップ(もしくは便乗)では?との推測も出ています。ただ、記事執筆時点ではマイクロソフトは謎のSNS投稿以降、それが何を意味するのかを明かしていません。なにか世間をあっと言わせるものかどうか判明するまでは、いましばらくお待ちください。

ちなみに、1985年といえば、日本では日航機123便墜落事故、阪神タイガース日本一、スーパーマリオブラザーズ発売、Macintosh 512KにJIS第1水準漢字ROMを搭載したDynaMac発売などがありました。一方、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のクライマックスで再現されたライブ・エイドが開催されたのも1985年のことでした。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1225シェア
196
1029
0

Sponsored Contents